世界初!東大研究グループがiPSで免疫細胞の若返りに成功!

東大研究グループは、ウイルスに感染した細胞やがん細胞などを攻撃する免疫細胞「T細胞」を、人工多能性幹細胞(iPS細胞)にした上で、再び同じ能力を持つ「元気いっぱい」な免疫細胞を大量に作ることに世界で初めて成功したと発表した。

この発表を行った東京大学医科学研究所の中内教授らによると、iPS細胞を経て再生されても、「T細胞」は攻撃対象の記憶を失っていなかったそうだ。
細胞の若さの指標となる増殖力は、数十倍から数百倍になっており寿命も延びていた。

中内教授らは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染している患者の血液から、HIV感染細胞のみを認識して攻撃する特定の「T細胞」を分離。
弱っていた「T細胞」をiPS細胞へと変化させて大量に増やし、ヒトの白血球に含まれる「単核球細胞」と一緒に培養することなどで、再び「T細胞」に分化させることに成功。

「T細胞」は、ウイルスに感染した細胞やがん細胞を認識して攻撃するが、外敵の侵入が重なったり、感染状態が慢性化したりすると疲弊し、病気に対する免疫力が低下する。
そこで、この元気に若返った「T細胞」を患者の体に戻すことにより、免疫能力の回復が可能となる。
今後は患者の体内に戻した若返った免疫細胞が実際に働くことを確認し、早期に病気に対抗する効率的な新しい免疫療法につなげていくそうだ。

今までも、がん患者の体から「T細胞」を取り出して、体外で増やしてから体に戻す治療法は行われていたが、がんを攻撃する特定の「T細胞」だけを選んで増やすことが難しく、効果は限られていた。
この成功により、感染症やがんの治療などに、大いに役立つことになる。

なお、細胞の若返りには12週間かかるが、ウイルスなどに対抗できる免疫細胞をあらかじめそろえて保存した「細胞バンク」を用意しておけば6週間に半減できるという。

中内教授は、「今回の方法を使えば、攻撃力の強い若くて元気の良いT細胞を大量に増やすことができる。安全性を確認しながら、体内でも機能するかどうか確かめていきたい。」と話す。

また、理化学研究所のグループも同じようにiPS細胞を使って皮膚がんを攻撃する「T細胞」を若返らせることに成功。
着々と進化をするiPS細胞の応用技術、今後も、「がん」だけでなく、多方面に広がりをみせて行きそうだ。

■関連リンク
・いつ起きてもおかしくない?!「アウターライズ地震」の恐怖!
・世界初!火力発電のCO2排出量をほぼゼロにする『CCS』とは?
・「草食」高齢者に告ぐ!高齢者こそ「肉食」になるのだ!!
・太陽光パネルをタダでバラまいちゃえ!孫正義社長が驚きの新プロジェクト開始!
・ガンは5年以内に日本から消える! ー症状を抑える「対症療法」から原因を治す「原因療法」へー (経済界新書)
・今あるガンが消えていく食事 (ビタミン文庫)
・大腸がん検診セット 病院に行く時間の無い方自宅検査キットは医療機関と提携して正確な診断が出来ます
・子宮がん検診キット 30代40代の方は是非検査してください。

IMG_1012 Photo By Sue Waters

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド