まさに逆転の発想!イギリスの会社がCO2から燃料をつくり出す方法を開発!

夢のような本当の話が、遂に現実となった。
イギリス(クリーブランド州)の Air Fuel Synthesis社は、同社の精製装置を用いて空気中のCO2と水蒸気から燃料を作り出すことに成功。
この8月より合計8リットルのガソリンを精製した。

これを受け、エネルギー関係の専門家は「気候変動やエネルギー危機との闘いにおいて、形勢を一変させる可能性がある、化石燃料への依存を終わらせることができるかもしれない」と大きな期待をしている。

つくり出すプロセスは、
①水酸化ナトリウムで満たしたタワーに空気を吹き込み、空気中のCO2と水酸化ナトリウムを反応させ、炭酸ナトリウムを生成し、電気分解した後、放出されたCO2を蓄積する。
②その一方で、タワーに吹き込まれた空気から除湿装置を用いて水分を凝縮して、電解槽に通し、水素と酸素に分解、これと①で蓄積したCO2を反応させ、燃料の主成分となる炭化水素混合物を作る(反応条件は、生成する燃料の種類によって異なる)。
③この混合物に、現行燃料に使われているものと同じ添加剤を混ぜ合わせることで、燃焼時に大気が汚染されず、タンクが腐食する問題も回避できる。
ガソリン、ディーゼル、航空燃料とブレンドすることも可能らしい。

う〜ん。分かったような、分かってないような…。
簡単に説明すると、「チマチマCO2削減なんてしてられねえ!なんなら逆にCO2を燃料にしちまおうぜ!」ということだろう。

プロセスはまだ開発途上にあり、現段階では精製装置の動力として通常の送電網から電気を取り込む必要があるが、最終的には風力発電等を用いて動力を供給できるようにする予定だ。

同社の最高経営責任者Peter Harrison氏は「2014年には商業ベースでの生産を開始するつもり。1日に1,200リットルの商業用ガソリンを生産できるまでにしたい」と述べており、すでに英国機械技術者協会の支援を受けているが、現状ではCO2を1トン抽出するのに400ポンド(約5万円)かかるそうで、コストをいかに下げるかが今後の課題となる。

現状では、まだ採算の合う燃料を十分な量で供給できるようになるのかは不明。
だが、こういった革新的な技術が出てくるとワクワクさせられる。
この産業が発展し、近い将来、人類が原発に頼らず生活できる日々がやってくるのを願っている。

■関連リンク
・世界初!火力発電のCO2排出量をほぼゼロにする『CCS』とは?
・太陽光パネルをタダでバラまいちゃえ!孫正義社長が驚きの新プロジェクト開始!
・現在、原子力発電所1基分!再生可能エネルギーの発電規模は、まだまだ拡大中!
・原発ゼロ社会へ! 新エネルギー論 (集英社新書)
・8W 多結晶ソーラーパネル 12V システム系
・ファクトのベランダタイプ 付属工事なし 蓄電式太陽光発電システム SolarBank ソルバンク f-280 マンションのベランダで節電対策

・安心・信頼の国産ソーラーパネルでポイントも貯まる!楽天ソーラー

Wind turbine blades Photo By vaxomatic

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド