がん治療に凄腕スナイパー現る!最先端治療が実用化へ

がん細胞だけを狙い撃ちして破壊する先端技術「ホウ素中性子捕捉療法」(BNCT)が本格的な普及に向けて動き出した。
化学、機械メーカーや京都大学などが開発した技術を組み合わせ、薬事法の承認に向けた世界初の治験(医薬品もしくは医療機器の製造販売に関して、薬事法上の承認を得るために行われる臨床試験)がすでに始まっているそうだ。
実用化が進めば、がん患者にとって心強い治療法となる。

重粒子線などを外からがん細胞に放射する治療法は確立されているが、周辺の正常な部位にも影響を与える可能性がある。
これに対し、BNCTは、がん細胞内のホウ素に中性子を当てると微少な放射線を放出し、その放出範囲も細胞1個分と狭く、内部からがん細胞だけを破壊するため、副作用や患者の負担が少ないのが特徴で、全く新しい形の放射線治療だという。
なんと、がん細胞だけをピンポイントで狙撃できる凄腕スナイパーなのだそうで、がん治療界のゴルゴと呼ばれているとかいないとか。

ただ、中性子を発生させるには原子炉が必要だったことなどから、医療機関に装置を配備して治験することができず、これまで研究の域を出なかった。

こうした中、化学メーカーのステラケミファの子会社が、大阪府立大学の協力を得て、がん細胞だけに取り込まれる精度の高い薬剤を開発。
また、住友重機械工業と臨床研究を積み重ねてきた京都大原子炉実験所は、原子炉を使わずに、陽子や電子などの粒子を加速させて中性子を発生させる加速器(長さ18m、幅15m)を共同開発した。

双方の技術を合わせる形で、大阪医科大で脳腫瘍の治験が始まっており、関係者によると、早ければ5年程度で承認が得られる見込みだ。
また、総合南東北病院(福島県郡山市)でも、院内に加速器を設置して2014年度から頭頸(とうけい)部がんでの治験を始める計画で、各地で実用化に向けた様々な取り組みが進んでいる。

BNCTの関連市場は薬剤や機器など国内だけでも数千億円規模と見込まれており、この分野の研究では日本が大きく先行しているそうだ。
またひとつ、日本が世界をリードしていく先端技術が増えた。
がん患者の明るい未来と、今後の本格的な高齢化社会の到来を迎えて、業界のさらなる前進を願おう。

■関連リンク
・対策は今が超大事!インフルエンザ患者が急増中!
・世界初!東大研究グループがiPSで免疫細胞の若返りに成功!
・「草食」高齢者に告ぐ!高齢者こそ「肉食」になるのだ!!
・リーダーズチョイス BEST13 of ゴルゴ13
・ガンは5年以内に日本から消える! ー症状を抑える「対症療法」から原因を治す「原因療法」へー (経済界新書)
・今あるガンが消えていく食事 (ビタミン文庫)
・大腸がん検診セット 病院に行く時間の無い方自宅検査キットは医療機関と提携して正確な診断が出来ます
・子宮がん検診キット 30代40代の方は是非検査してください。

Monster Red Nose and Red Cross Photo By Dominic’s pics

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド