現在、原子力発電所1基分!再生可能エネルギーの発電規模は、まだまだ拡大中!

今、再生可能エネルギーの『固定価格買取制度』で認定を受けた発電設備が、全国各地で続々と増え続けているそうだ。
『固定価格買取制度』とは、自然エネルギーの普及拡大を目的に、太陽光や風力、地熱などで発熱した電気を、国が定める価格で電力会社が買い取ることが義務付けられた制度だ。

認定される発電設備は、毎月3万件以上のペースで増え続け、開始から3か月が経過した9月末の時点で既に10万件を突破している。
発電能力を合計すると178万kWに達しているという。
太陽や風など、日々変化し安定しない自然の力を利用しているとはいえ、発電できる能力でいうと、原子力発電所の1基分を上回る規模なのだそうだ。

経済産業省が2012年度の目標値として掲げた再生可能エネルギーの導入規模は250万kWだが、7~9月のたった3か月間で早くも目標の7割を超えた。
特に目標値を大きく上回っているのが、企業や自治体による非住宅分野の太陽光発電だ。
既に目標の2倍以上に達している。
これまでは、主に10kW未満の住宅を中心とする太陽光発電だったが、1000kW以上の企業や自治体による大規模メガソーラーの数も増えている。

企業や自治体による太陽光発電といえば、ソフトバンクグループで自然エネルギー事業を手掛けるSBエナジーが、京セラグループと京都市と連携して建設し、7月に運転開始した「ソフトバンク京都ソーラーパーク」。
9月には第2基も運転を開始している。第1基と合わせると、出力規模は約4,200kW(約 4.2MW)。
年間発電電力量は一般家庭約1,160世帯分の電力量に相当する約420万kWhを見込むメガソーラー発電所となる。

また、太陽光以外では、風力発電が目標の8割近くまで伸びている。
さらに、三井化学、東芝など6社は東京ドーム約17個分の広さの三井化学所有の遊休地に、太陽光・風力発電所の建設工事に着手した。
日照時間・平均風速ともに国内最高水準であり、太陽光・風力ともに高効率での発電が期待できるという。
太陽光・風力発電は、今後も順調に拡大を続けそうだ。

天然のエネルギー資源が乏しい日本。
だが、日本に眠る最高の資源といえば人や技術力だろう。
土地が狭い日本だが、ソーラーパネルが現状のサイズで2倍の発電ができるようになったり、風力を某掃除機的なサイクロン技術で倍増したりすることができれば、発電量は一気に増大する。
できるのかどうかは判らないが、やってくれることを期待したい。

そうなると、続いて蓄電池の技術も大きく進展するだろう。
政治は当てにならないが、そうなると早期の脱原発も夢ではないかもしれない。

■関連リンク
・東日本大震災の32倍!!マグニチュード10の地震がやってくる?
・地下鉄で突然の大地震!助かるためにはどうしたらいい?
・車を運転中に突然の大地震!助かるためにはどうしたらいい?
・これは凄い計画かも!?JAが表明した国内最大200MW規模の太陽光発電プロジェクト!
・人類が生んだ最も危険な廃棄物の最終処分場「オンカロ」を知っているか?
・原発ゼロ社会へ! 新エネルギー論 (集英社新書)
・省エネして自然エネルギーにしたら、原発はいらなかった
・山善(YAMAZEN) 省エネホットマット(約2畳用) HM-21
・楽天総合ランキング1位!【着る毛布GROONY 2012】送料無料!

Wayne National Forest Solar Panel Construction Photo By Wayne National Forest

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド