「草食」高齢者に告ぐ!高齢者こそ「肉食」になるのだ!!

一般的に知られている平均寿命というと、単純に生きられる平均年齢と考えてしまう。だが、それとは別に、介護や病気で寝たきりにならず日常生活を健康的に送れる、健康寿命というものがある。

健康寿命は、世界保健機関(WHO)が2000年に打ち出した概念だ。
厚生労働省は、全国22万世帯余りの健康状態などを調査したうえで、2010年の健康寿命は平均で、男性70.42歳、女性73.62歳と発表した。
それに対し、平均寿命は、男性79.55歳、女性86.30歳。
平均寿命は、寝たきりになった状態を含めた寿命なので、統計的には、なんと男女共に約10年前後寝たきりの状態で過ごしている事になるのだ。

高齢者が、寝たきりになる原因は、脳卒中と骨折・転倒が圧倒的に多い。
中でも転倒は、室内外で誰にでも起こりうる可能性が高い。
何とか阻止できないものだろうか?

秋田県ある市では、脳卒中が日本一多くて寿命が一番短い村といわれていた。だが、ここ5年間で男性は1.7歳、女性は2.18歳寿命が延び、医療費も下がっているそうだ。
そして、健康寿命が男性1位、女性3位という愛知県。

その健康の秘訣は?というと、どちらも「肉食」!!

東北大学によると、肉を食べない高齢者の転倒リスクは2.8倍だという。
また、人間総合科学大学の熊谷修教授は、「野菜、果物をバランスよく食べながら毎日肉を取り入れると良い」と説明する。
肉には、筋力の低下を防止、動物性タンパク質で免疫力を高め、がん細胞を退治する等の効果があるそうだ。

油っぽさから肉を敬遠しがちだが、食が細くなった高齢者は意識して肉を摂る事を心がけよう。
少なくとも、毎日100gの肉を食べるのが望ましい、肉100gは、焼き肉だとカルビ1人前程度。

もちろん、コレステロール値が高い高齢者には注意が必要だろうが、数値があまり低すぎても良くないのだとか。

そういえば、実家に帰るとよく両親や祖母達が「年取ったら肉なんて食べないで、畑で取れた野菜とか質素なもの食ってれば体にいいんだよ」とよく言っているが、寝たきりになってもらっては困る。
お正月にでも帰ったら「肉は食べた方がいいよ!」と言っておこう!

問題は父だ。
「ステーキなど高価なものを食べると下痢をする」と話す。
別の病気なのかもしれないが、人間ドックでの結果はいたって健康なのだという。
何だそれ?

■関連リンク
・太陽光パネルをタダでバラまいちゃえ!孫正義社長が驚きの新プロジェクト開始!
・3度目の正直で見事合格!!全国初のミニチュアダックス刑事が誕生!
・現在、原子力発電所1基分!再生可能エネルギーの発電規模は、まだまだ拡大中!
・東日本大震災の32倍!!マグニチュード10の地震がやってくる?
・肉食ダイエット―肥満外来の名医がすすめる
・介護されたくないなら粗食はやめなさい ピンピンコロリの栄養学 (講談社プラスアルファ新書)
・九州産 牛こま切れ(切り落とし)[約1Kg]訳あり
・【グルメ大賞受賞】ランキング1位★メガ盛り訳あり!A5等級国産黒毛和牛切り落とし1.050kg【送料無料】

Newyork steak @ Steak house 88 (Naha, Okinawa) Photo By jetalone

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド