このチャンスを逃すな!あの巨大ロボット「クラタス」にまた会える!そして、乗れる!!

先日、ワンダーフェスティバル2012夏で人が乗って操縦することができる巨大ロボット「クラタス」が披露され、海外で大反響を呼んでいる事を書いたが、その「クラタス」に会える機会がまたやってきた。

場所は、お台場の日本科学未来館。
展示期間は、11月28日~12月10日(火曜休館)、開館時間は10:00~17:00(入館は閉館時間30分前まで)、入場無料だ。

「クラタス」について軽く説明すると、「ロボットに乗って操縦したい」という夢を叶えるべく、アーティスト・倉田光吾郎氏とロボット研究者・吉崎航氏によって開発された、全高4mの巨大な人型四脚ロボット。
コックピットに人が乗り、操縦することが可能な、世界中の男子たちが夢中となっているロボットだ!

展示期間中には、この「クラタス」を操縦する実演が、開発者の倉田氏と吉崎氏により予定されている。
実演日時は、12月1日、2日、9日の14:15~14:25、16:15~16:30。

また、12月8日の13:45~14:45には倉田氏と吉崎氏を招き「鉄系KURATAS 入門 ―女子はリアルを愛せるか?―」と題して、「クラタス」の制作秘話や、ものづくりの今と未来を語るトークイベントも開催。
参加は無料で定員は40名。
会場および集合場所は、1階のシンボルゾーン。

さらに、8日、9日の14:50~16:00には、クラブMiraikan会員限定で試乗会(抽選)の情報も!
なんと!実際に乗れるのだ!
試乗の募集期間は、もう始まっており、申込は11月29日の17:00まで。
定員はそれぞれ10名で、1人あたり5分間。
両日とも場所は、これまた1階のシンボルゾーンだ。
※このデモンストレーションは、機材の都合により実施されない場合あり。

今回の「クラタス」展示は、ここで、12月1日、2日開催のイベント『Maker Faire Tokyo 2012』を主催するオライリー・ジャパンとのコラボレーションによって実現されたそうだ。
『Maker Faire Tokyo 2012』とは世界最大のDIYの祭典。
イベントでは、スマホにつなげるガイガーカウンター、勝手に入るゴミ箱、小型ヘリコプター、3D プリンターからロボット、電子手芸、クラフトまで「ものづくり」の最先端が披露される。
なんだか、面白そうな展示がたくさんありそうなので、「クラタス」だけでなく、ぜひ『Maker Faire Tokyo 2012』にも足を運んでみよう!

■関連リンク
・海外で大反響!!人類の夢を叶えた日本製の1億円巨大ロボットに注文が殺到!?
・バルミューダが空気清浄機で革命を起こす!
・日本科学未来館
・Maker Faire Tokyo 2012
・水道橋重工公式web
・MAS830L 高精度 デジタルマルチテスター

・はがせる両面 強力接着用 T3830 15mm×10M
・キムワイプ 12×21.5cm /1箱(200枚入) S-200

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド