焼却灰からのセシウムを分離・除去する新技術が開発!

東京慈恵会医大とDOWAホールディングスは、放射性セシウムに汚染された廃棄物などを焼却した灰からセシウムを除去する技術を共同研究で開発した。
原子力発電所事故で放出された放射性セシウムの効率的な除去、回収につながるとみられている。

廃棄物などを焼却して発生する焼却飛灰は、濃縮された高濃度の放射性セシウムが検出されることがわかっている。
開発された新技術は、水と混ぜ合わせた焼却灰に、磁力を帯びた除染剤を投入し、水に溶けたセシウムを除染剤に吸着させた後、磁石でセシウムを吸着した除染剤のみ回収するというもの。
新技術の実証実験では、1キロ当たり3800ベクレルのセシウムが1500ベクレルまで低減したことが確認できた。

また、放射性セシウムの埋め立て基準値は、環境省により1キロ当たり8000ベクレルと定められている。
今回の新技術で、焼却飛灰の放射能濃度をさらに低減し、より低濃度にして埋め立てることができるようになる。

研究代表者は、「処理に苦慮する各自治体などへ新技術を提案していくとともに、今後は土壌中のセシウム除去にも応用させていきたい」としている。

今後こういった放射性物質の効率的な除去、回収の技術はどんどん進化していきそうだ。
あとは、回収され集められた放射性物質を「無害化」する。
そんな技術が育っていくことを願いたい。

■関連リンク
・人類が生んだ最も危険な廃棄物の最終処分場「オンカロ」を知っているか?
・見よ!これが日本国内の全50基「原発危険度ランキング」だ!
・「知ってどうするかは本人次第」国立大学教授が、原発事故の「放射能汚染地図」を発表!
・震源域合体で日本の災害史上類を見ない規模!南海トラフ巨大地震の恐怖!
・自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集)
・Geiger counter(ガイガーカウンター) RD1503 ロシア製

Sun and Clouds Photo By David Sedlmayer

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド