橋下徹氏に重大問題発生!あの天才が「日本維新の会」を商標登録出願していた!

大阪市長の橋下徹氏が代表を務め、次期選挙での目玉となっている「日本維新の会」に、ある重大な問題が発生した。
なんと、「日本維新の会」の名称が商標出願されていることが判明したのだ。
出願したのは、発明家として知られる「ドクター中松氏」。
「日本維新の会」が結成される1年も前に商標出願しているそうで、ツイッターなどでは、「ワロタ」や「何がしたいんスかドクターw」、「はじめてドクター中松が天才だと思ったw」など盛り上がりを見せている。

なお、この出願自体は2012年8月に「拒絶査定」となり、最終的には商標登録に至らない可能性が高いという。
「拒絶査定」とは、このままでは登録できないと審査官が判断したときに出願人に「拒絶理由通知書」が送付されるそうだが、その通知に対して出願人が無視した場合。また、出願人側が反論したがそれでも拒絶理由が解消されなかった場合に対してとられる措置だそうだ。
拒絶の理由として、出願時にすでに有名となっていた「大阪維新の会」の存在があったとみられている。

また、「ドクター中松氏」はほかにも出願しており、「東京都維新の会」と「平成維新の会」なども、すでにドクターがバッチリ押さえてるという。
新党結党で忙しい橋下氏に「とんだ邪魔」いや…。問題が発生してしまったようだ。

「ドクター中松氏」の狙いとは?
まさか「総裁」?

■関連リンク
・肥満に悩むアメリカ、286キロの男性が直面した大問題とは?
・「iPhone5」がなんだ!ドコモから「ONE PIECEスマホ」が発売!
・ソフトバンクの孫社長が緊急会見まで開くほどの重要な「テザリング」ってなんなの?
・8641 ドクター中松 薬用育毛剤(まかしと毛)【HTRC3】
・リボディ85[5本入り]【ドクター中松の天才ふりかけ!】
・[図解]大阪維新~チーム橋下の戦略と作戦~
・橋下「維新の会」がやりたいこと―何のための国政進出?

Disquets (a extingir) Photo By _nur

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド

  • Gmail

    ただの売名行為。