警視庁が動いた!「iPhone」下取りで、ソフトバンクの孫社長に警告!?

2012年9月21日に発売された「iPhone 5」を巡り、ソフトバンクモバイルが全国の販売店で行っている旧モデルiPhoneの下取りサービスが、古物営業法違反(無許可営業)に当たる恐れがあるとして、警視庁がサービスの中止を求める指導をしたことが分かった。

同社では「iPhone 5」の発売と同時に、全国のソフトバンクショップや量販店などで旧モデルの下取りを実施。
機種や性能別に2万~2000円で買い取り、「iPhone 5」の月々の利用料金から割り引くというものだった。

古物営業法では、中古品を下取りするには営業所のある都道府県公安委員会から古物商の許可を得る必要があるが、ソフトバンクは許可を得ていなかったという。
無許可営業は3年以下の懲役か100万円以下の罰金。

警視庁の指摘に対し、ソフトバンク広報は、「弊社としては問題ないという認識だったが、9月24日に古物営業の監督官庁から、古物営業法上のリスクがあると指摘があり、下取り方法を変更させていただいた」と説明。
グループ会社で古物商の許可を受けているソフトバンクテレコムに下取りを任せるなど方法を改めることで対応した。
警視庁は変更したサービスが妥当かどうか今後確認するそうだ。

9月19日の、孫社長の発売直前緊急会見など、ドタバタで始まった「iPhone 5」の発売。
孫社長によると「テザリング」の解禁も前日の18日、つぶやき後に決めたと語っており、現場の社員さんたちは、かなりのドタバタで、さぞ大変だったに違いない。
ツイッターなどでは、「てか誰も気がつかんかったんかい」や「SBらしい」などコメントがされている。

■関連リンク
・ソフトバンクの孫社長が緊急会見まで開くほどの重要な「テザリング」ってなんなの?
・ドコモ、スマートフォンのデータ通信料値下げニュースに不満続出!
・「なぜ犬に勝てない?」ドコモ社長に厳しい質問が浴びせられる。
・cheero Power Plus 大容量 10000mAh モバイルバッテリー iPhone5 / iPhone4S / iPhone 4 / iPhone3GS / 新iPad / iPad2 / iPad / iPod / スマートフォン 対応 携帯バッテリー 出力2.1Aと1AのUSB×2で2台同時充電可能 ★1年保証★ 日本語取扱説明書付き cheeroポーチ付 (期間限定) iPhone5対応
・Colorant USG ITG – Impossible Tempered Glass for iPhone 5 【強化ガラス製液晶保護フィルム】

Ueno park police02 Photo By midorisyu

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド