地下鉄で突然の大地震!助かるためにはどうしたらいい?

地震がいつきてもおかしくない昨今。
もし地下鉄構内・車内にいる時に、地震が起きたらどうしたら良いのだろう?

まず、地下鉄車内で地震があったら、直ちに窓ガラスなどから離れ、手すりやつり革につかまること。
地下鉄には各所に地震計が設置されており、震度4以上の揺れを感知すると車両は自動的または手動で停止する。

緊急時、車両内は非常用バッテリーで照明は確保され、ドア開閉、客室放送設備なども作動する。一瞬真っ暗になったとしても、非常灯がすぐつくので、慌てないことだ。
ドアは非常用開閉コックで開けられるが、飛び出すと反対車線の車両との接触や、路線によっては高圧電線があるので注意が必要。
先頭車両と最後尾車両に非常口があるので、係員の指示に従い慌てずにそこから避難するのが一番だ。

地下鉄は、構内が崩壊したり火災やガス漏れ、水の流入がない限り比較的安全だ。
だが、地下鉄は地上の換気口などから津波や堤防の決壊で水が浸入する可能性がある。
首都圏の地下鉄は、皇居の堀や道路の下に隠れている河川、水路の下を通っているので、大規模な水漏れが起こる可能性があるそうだ。
もし車両が浸水の始まったトンネルの駅と駅の間で止まってしまったとしたらどうしたらよいのか?

災害危機管理アドバイザーの和田氏は「あるレベルまで水かさが増せば、駅に到達することは困難になる。ただ、そうなるまでには相当の時間があるはず」という。万が一、乗務員の指示誘導が受けられない状況で浸水が始まったら、水かさが増す前に線路に降り、とにかく高い方向を目指して逃げることだ。
地下鉄はエリアによって高低差があり、低い駅から高い駅に1駅移動するだけで被害を免れる可能性は高くなる。いつも利用している駅周辺の高低差を確認しておくと良い。
内閣府ホームページの防災情報ページにある「地下鉄等の浸水シミュレーション」が参考になるだろう。
トンネル内には、 足元の壁面に最寄り駅の方向と距離を書いたプレートがあるので速やかに駅を目指そう。

駅に着いたら、地上へ向かおう。
エスカレーターは階段に比べて一段の段差が高いため転倒する可能性が増す。階段を使って地上を目指す方が安全度は高いだろう。
また、冷静さを欠いた多くの人が、我先に逃げようと階段に殺到すると、将棋倒しなどが起こり圧死者が出る恐れもある。
地震の多い日本列島。悲劇を避けるためにも、普段から非常事態を想定してどう行動するかを考えておく必要があるのかもしれない。

・内閣府 大規模水害対策に関する専門調査会
・震源域合体で日本の災害史上類を見ない規模!南海トラフ巨大地震の恐怖!
・相次ぐイワシの大量死は大地震の前兆なのか!?イワシの高度な予知能力とは?
・3~4ヶ月待ち!超おいしい非常食に客が殺到する非常事態!
・Newton (ニュートン) 臨時増刊 首都直下型震度7 大震災予測 2012年 10月号 [雑誌]
・大地震あなたのまちの東京危険度マップ
・【防災グッズ 売れ筋】【送料無料】4人家族で3日間生きのびる!【あんしんQQ非常食セット】【防災セット/アルファ米セット/備蓄品/非常食/保存食/アウトドア/備え/救急用品】【RCP1209mara】

つり革 Photo By sekido

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド