ソフトバンクの孫社長が緊急会見まで開くほどの重要な「テザリング」ってなんなの?

「iPhone 5」が、多くのユーザーが待ち望んでいたであろう「テザリング」に対応した。
ソフトバンクの孫正義社長が緊急会見まで開き発表することになった「iPhone 5」での「テザリング」解禁発表。
それほど急に発表しなくてはいけないほど重要な「テザリング」とは、一体なんなの?と思った方も多いのではないだろうか?
そこで、「テザリング」によって何が変わるのかを簡単に解説してみよう。

「テザリング」とは、「iPhone」をWi-Fiルーターとして使う機能のこと。
この機能があれば、外出中にパソコンやタブレット、携帯ゲーム機などを「iPhone 5」にWi-Fiでつなぎ、通信回線を使ってインターネットにアクセスできる機能だ。
「テザリング」が利用できるようになると、外出先でも「iPhone 5」があれば、どこでもネット接続できるようになる。
これまで、自宅で使っているノートパソコンなどを外出先でもインターネットにつなぐには、モバイル通信サービスに加入し、モバイルルーターなどの端末を持ち歩く必要があり、かなり面倒だった。
また「iPhone」とは別に、データ通信端末も月額利用料金を支払わなければいけなかった。
これからは「iPhone 5」を持っていれば、「プレイステーションVita」や「ニンテンドー3DS」などのゲーム機や、「Sony」や「REGZA」、「iPad」といった、さまざまなタブレット端末が「テザリング」によりネット接続料金なしで使うことができ通信費も節約できる。

全て良いことばかりかというと、デメリットもある。

まず、バッテリーの持ちが悪い。
データを「iPhone 5」にしゃかりきでやり取りさせるので、馬車馬のように働かされた「iPhone 5」のバッテリーがグングン減ってしまう。
外出先ではバッテリーの消耗に気を配ろう。もしもの場合に携帯用のバッテリーを持ち歩くといいかもしれない。

また、au、ソフトバンクの両社が、1か月のデータ通信量に制限をかけている。
いずれも7GB以上のデータ通信が発生すると、送受信が128kbの速度制限が適用されるとのこと。
ちなみに、7GBってどれくらいなのかというと、ウェブページの閲覧は1日1,600ページ以上、動画閲覧は月間30時間以上とのこと。
だが、普通の使い方をしていれば全く問題なさそうだ。

全世界で発売3日で500万台を突破した「iPhone 5」。
孫社長は予約台数が過去最大規模となり「初回入荷分は一瞬で品切れとなった」と発表。
アップルは、事前予約分の大半はすでに出荷されたものの、それでもなお多くの出荷が10月になる見通しだと明らかにした。
普通に店頭で買えるようになるのは、まだまだ時間がかかるかもしれない。

■関連リンク
・ドコモ、スマートフォンのデータ通信料値下げニュースに不満続出!
・「なぜ犬に勝てない?」ドコモ社長に厳しい質問が浴びせられる。
・利用者急増!そしてパンク!? 王者ドコモの孤独な戦い。
・PlayStation Vita (プレイステーション ヴィータ) Wi‐Fiモデル クリスタル・ホワイト (PCH-1000 ZA02)
・ニンテンドー3DS LL ピンクXホワイト (SPR-S-RAAA)
Google Nexus 7 Wi-Fi Tablet 16GB (Android 4.1 Jelly Bean) – 米国保証 – 並行輸入品

softbank / yokohama the diamond Photo By [puamelia]

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド