もう虫歯になんてならない!?「歯のばんそうこう」を日本の研究チームが開発!

近畿大学の本津茂樹教授と、大阪歯科大学の吉川一志准教授の共同研究チームは「歯に貼るばんそうこう」を作るのに世界で初めて成功したと発表した。
この「歯のばんそうこう」は耐久性と柔軟性に富むシートで、歯の主成分ハイドロキシアパタイトでできている。
シートの厚さはわずか0.004ミリメートル。
教授らによると、「ハイドロキシアパタイトは硬いがもろく、薄く削るとすぐ割れてしまい、曲げるなどの加工が困難。開発した極薄の膜は、ばんそうこうのように歯にそのまま張り付けられ、歯質の修復や知覚過敏の治療に応用できる」という。

「歯のばんそうこう」は、ハイドロキシアパタイトをレーザーを用いた薄膜化の技術で透明なシート状に加工。
型を使えば対象歯に合せた形にもなる。
シートには微小な穴が無数にあり液体や気体を透過、歯に装着する際に気泡などが形成されずに済むという。
唯一の問題は、シートが歯の表面にしっかりと定着するのにまだ1日近くかかってしまう点だそうだ。

歯の表面に貼り付けると、光を当ててよく観察しない限り見えなくなる。
透明だが、白く着色すれば審美歯科治療にも活用できるという。

現在は、抜歯後のヒトの歯で実験を続けているが、近いうちに動物実験に移行する予定だ。
本津教授によれば、「象牙質がむき出しになった部位に張れば知覚過敏を防げ、小児向けの予防歯科にも使える。耐久性などの問題をクリアして早期の実用化を目指したい」と語っている。
すでに日本と韓国で特許取得済みで、米国や欧州、中国でも出願中だ。

あらかじめ歯に貼っておけば、虫歯を予防できそうだ。
虫歯予防で定期的に「歯のばんそうこう」を貼りに歯医者に行く時代が来るかもしれない。
早く全国の歯科医で使えるようになってほしいものだ。

■関連リンク
・食後の歯磨きで歯に深刻なダメージ!教えられてきた習慣は間違いかもしれない?!
・サッポロが睡眠障害などを改善する乳酸菌を発見!飲料や食品で商品化へ。
・お肌や薄毛にも効果的!睡眠のゴールデンタイムをうまいこと利用しよう!
・PHILIPS 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン HX6511/02
・フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン  歯科医院専売 ブラシ2本入り
・Panasonic ドルツ・ジェットウォッシャー 白 EW1250P-W

Second Tooth Gone Photo By henley_regatta

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド