「燃える氷、夢の次世代エネルギー資源」メタンハイドレートってどうなった?

次世代エネルギー資源として期待されるメタンハイドレートの活用について、京都府が新潟、兵庫の両県と共同で研究会を立ち上げる方針を決めた。

メタンハイドレートは、都市ガスなどに使われるメタンが、低温高圧の環境で結晶化し氷状になった物質。
火をつけると結晶内のメタンが燃焼し、火力発電の燃料などとして使用できる。
日本近海に豊富に埋蔵しているとされており、都市ガスや発電用の燃料に使え、二酸化炭素の排出量も少ない。石油や天然ガスの代替として「夢の次世代エネルギー資源」と期待が寄せられている。

また、日本海沖にも大量に存在するとされており、韓国が竹島領有を主張する理由の一つとも指摘されている。
現在、国は太平洋側でのメタンハイドレート開発を先行させている。
京都府は、府北部の沖合にメタンハイドレートが眠る可能性が指摘されており、ほかの沿岸県にも呼びかけ、「日本海側にも国の関心を向けさせる」ことが狙いだ。
京都府は「うまくいけば、日本が資源大国になる日が来るともいわれる。エネルギー問題の解消や京都府北部地域の活性化につながる可能性もあり、積極的に関わっていきたい」としている。

だが、メタンハイドレートの採掘技術はまだ確立されておらず、採算性は未知数とのこと。
しかし、日本は陸上から穴を掘りメタンハイドレート層から、世界で初めてメタンを取り出すことに成功しているそうだ。
次なる計画は、海底に穴を掘りメタン取り出そうと試験採掘がすすんでいる。
日本は課題である採掘技術の開発では他国より先行しているとされ、低コストでの採掘技術の開発が確立されれば、「燃える氷メタンハイドレート」商業化の夢が一気に燃え上がることも十分ありそうだ。
十数年後には世界でも有数の「資源大国」へ変貌する可能性を秘めている。

■関連リンク
・地熱発電が熱いぞ!今こそ日本のポテンシャルを発揮するのだ!
・国内最大70MWの太陽光発電所が2013年秋に鹿児島で本格稼働へ
・これは凄い計画かも!?JAが表明した国内最大200MW規模の太陽光発電プロジェクト!
・「中間貯蔵」は「永久貯蔵」でしょ!?住民困惑!高レベル放射性廃棄物のゆくえ
・人類が生んだ最も危険な廃棄物の最終処分場「オンカロ」を知っているか?
・エネルギー論争の盲点―天然ガスと分散化が日本を救う (NHK出版新書 356)
・エネルギー革命 メタンハイドレート (家族で読める family book series 003) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説)

BB_FireTexture_01 Photo By bittbox

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド