「中間貯蔵」は「永久貯蔵」でしょ!?住民困惑!高レベル放射性廃棄物のゆくえ

原子力発電所から出る「核のゴミ」、高レベル放射性廃棄物の最終処分方法について、日本学術会議は全て白紙に戻す覚悟で見直すべきだとする提案をまとめたことが分かった。
国が進める地下300メートルより深くに放射性廃棄物を捨てる計画だ。
スゴモリでも紹介した「オンカロ(人類が生んだ最も危険な廃棄物の最終処分場「オンカロ」を知っているか?)」を日本にも造ろうとしていた。

日本学術会議では、地震や火山が活発な日本で数万年以上に及ぶ長期にわたって安定した地層を確認することは、現在の科学では限界があるとしている。
そのうえで、高レベル放射性廃棄物を数十年から数百年程度、地上や地下に「暫定保管」。
猶予期間を使い、高レベル廃棄物の毒性を下げる研究などを優先して進めるほうがよいと判断した。

政府は将来の原発依存度などのエネルギー戦略の見直しを進めている。
仮に原発依存度をゼロにしても、既に出た高レベル放射性廃棄物の最終処分は不可欠だ。
「高レベル放射性廃棄物」というゴミが出るのを分かっていながら、これの最終的な処分方法を「未来の人類にやってもらえばいいよね」と、ずっと先送りしてきたツケが、現代に生きる私たちに重くのしかかってきている。

この提案はこれまでの国の方針に転換を迫る一方、逆を言えば、「また未来の人類にやってもらおうよ」と問題の解決を先送りする内容ともいえる。
「暫定保管」という怪しい言葉の響きに先送りの姿勢がにじみ出ているようだ。

また、政府は除染の際に出た汚染土などを保管する「中間貯蔵施設」について、国は福島県双葉、大熊、楢葉3町の計12カ所を候補地に建設計画を進める考えを示した。除染作業によって出る廃棄物は想像を絶する量になるそうだ。
汚染土は除染を行えば行うほど増え続ける。
それらを集めておく場所が必要とはいえ、福島の住民の方々はさぞかし困惑しているだろう。
「中間貯蔵」は中間でもなんでもなく「永久」に捨てられるのではないか?という不安を感じているのではないだろうか。

貧しい国に、莫大な金額を払って押し付けるか。
最近問題となっている2つの島を必死になって取り戻し、そこに捨てるか。
日本海溝あたりの海洋プレートに捨てて「母なる地球」に飲み込んでもらうか。

人類が生んだ最も危険な廃棄物の後始末は、人類が責任を持って行うしかない。
捨てても無害なものになるのに10万年以上かかるなら、「捨てる」という選択肢をやめて、「高レベル放射性廃棄物を無害なものにできる技術」追い求め、世界で唯一「放射性廃棄物」を消滅させることができる国となってほしいものだ。

■関連リンク
・人類が生んだ最も危険な廃棄物の最終処分場「オンカロ」を知っているか?
・見よ!これが日本国内の全50基「原発危険度ランキング」だ!
・福島の和尚が決死の決断!「仏の道を説いても人を助けられない。今やれることは一つ」
・「知ってどうするかは本人次第」国立大学教授が、原発事故の「放射能汚染地図」を発表!
・放射性廃棄物 ~終わらない悪夢~ 【DVD】
・祝(ほうり)の島 原発はいらない!命の海に生きる人々 [DVD]
・日本版SOEKS 01M ガイガーカウンター(放射線測定器)ファームウェア最新2.0L-JP

X-ray Photo By Mad House Photography

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド