一生に一度は観たい景色No.1はやっぱりアレ!今年は11年に1度のビッグチャンス!

一生に一度は観たい景色ランキング(OLのための情報サイトオズモール調べ)で、ダントツの1位を飾ったのが『オーロラ』。
その幻想的な景色はもちろんだが、訪れれば必ず観られるわけではないので、希少価値が高くなり、魅力を一層引き立てている。

オーロラは、太陽からのメッセージと言われているそうだ。
太陽は、太陽風と呼ばれるガスを放出し、これが地球に到達した時、地球の磁場に影響を受け、極地(北極と南極)に運ばれる。
そして、極地まで運ばれた太陽風が大気圏に突入し、大気中にある原子に衝突し発光して、オーロラが発生する。

そのオーロラが発生するのは、北極または南極近辺のみ。
飛行機や船以外に南極に行く交通手段は無いので、陸地からゆっくりとオーロラ観賞ができるのは北極周辺となるそうだ。
主にカナダ、北欧、アラスカ州(アメリカ)などでオーロラを観ることができる。

そんなオーロラには逸話がある。
オーロラは神秘的な現象だが、昔は恐怖とつながっていた。
特に滅多に出現することがない赤いオーロラは、空が血で染まっているように感じ、それを不吉な出来事や戦争の兆候として恐れられていたそうだ。

アラスカに住むイヌイットの間ではオーロラは不吉なものとされ、オーロラに出会ったときに斬りつけるためのナイフが必需品だったとか。
また、犬のウ○コを「えい!」とオーロラに投げつけることで、不幸を回避できるとも言われていたそうだ。
だが今では不幸の象徴だったオーロラが、観光の目玉として多くの国から人々が訪れ、地元の経済を潤している。

そんなオーロラだが、今年は太陽の活動が活発になるオーロラの当たり年だそうだ!なんでも「11年に1度」なんだとか。
今年の冬は一生の思い出にオーロラ観賞へ出かけてみてはいかがだろうか?

■関連リンク
・福島の和尚が決死の決断!「仏の道を説いても人を助けられない。今やれることは一つ」
・地熱発電が熱いぞ!今こそ日本のポテンシャルを発揮するのだ!
・尖閣諸島に本籍地を移した人は1年で倍増!竹島へは3倍超!
・石原都知事マジ切れ!「逮捕されるなら、それで結構!」
・やっぱりそこか!クチコミで選ぶ、行ってよかった動物園&水族館ランキング 2012!
・HOMESTAR AURORA (ホームスターオーロラ) ホワイト
・大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム )

Aurora Borealis, the colored lights seen in the skies around the North Pole, the Northern Lights, from Bear Lake, Alaska Photo By Beverly & Pack

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド