これは凄い計画かも!?JAが表明した国内最大200MW規模の太陽光発電プロジェクト!

京セラが鹿児島市に建設を予定してる国内最大70MWの太陽光発電所のプロジェクトに続き、その3倍規模200MWの太陽光発電事業が始まろうとしている。
国内の太陽光発電事業としては、最もスピーディーに規模の拡大が進むのではないかとの予想もでており、脱原発に向けて期待がふくらみそうだ。この発電事業計画は、全国農業協同組合連合会(JA全農)と三菱商事が、全国の農家やJA関連施設の屋根にソーラーパネルを設置し、電力会社に電力を売却するというもの。
農村の活性化を目指して進めるもので、大型の畜舎や物流関連施設など400~600か所を対象に、主に屋根の上に太陽光パネルを設置する。
2年後の2014年度末までに合計で200MW(メガワット)の発電規模に拡大させる計画だ。

その他、国内の太陽光発電としては、ソフトバンク子会社の「SBエナジー」が「全国の複数拠点で合計200MW以上」の発電を検討中と表明している。
JA全農の最大出力はこれに匹敵するが、同じ太陽光発電でも両者の手法は異なるそうだ。

ソフトバンクは、北海道など休耕田で大規模な土地を新たに確保してパネルを置く「地上設置型」だが、全農は屋根の空きスペースにパネルを載せる「ルーフトップ型」と呼ばれるシステムだそう。
一カ所で大規模な発電を目指すソフトバンクに対し、JA全農は既存施設の屋根を活用し、「チリも積もれば山となる」方式で発電し、電力会社に売却する計画だ。

200MW規模の発電が可能になると、年間の発電量は2億1000万kWhにのぼる。
一般家庭で換算して5万8000世帯分の電力を供給できるそうだ。
太陽光発電の買取価格は1kWhあたり42円のため、年間で88億円程度の売上を見込むことができる。
総事業費は約600億円。このうち480億円は金融機関から借り入れるそうだが、「480億円は12~15年で返済できる。屋根を借してくれた農家などには売電収益の3~5%を支払う」という。

農家への負担がなく、屋根を貸すだけで売電収益の3~5%が支払われるなら、農村の農家の人たちは喜んで貸してくれそうだ。農家にとっては馴染み深い農協が事業主ならなおさら安心だろう。
もしかするとアッという間に普及するなんてこともあるかもしれない。

■関連リンク
・国内最大70MWの太陽光発電所が2013年秋に鹿児島で本格稼働へ
・人類が生んだ最も危険な廃棄物の最終処分場「オンカロ」を知っているか?
・見よ!これが日本国内の全50基「原発危険度ランキング」だ!
・【 大容量3000mAh ソーラーチャージャー 】 cheero Solar Gigabox – iPhone 4S / iPhone 4 / iPhone 3G / iPod 、 スマートフォン 対応 モバイル 充電器 ( 予備 バッテリー ) ソーラーパネル ( 太陽電池 ) & LEDライト 付き ★1年保証★ 日本語取扱説明書付き
・GOAL ZERO ポータブルソーラー発電機 NOMAD7 GZ-12301
・太陽光発電アドバイザー試験公式テキスト

Solar PV panel and system installation Photo By CoCreatr

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド

  • 浩史 戸谷

    確かに、すごい。日本全国に網目状に広がっている農業組織ならではだ。
    農家にとっては、うまい話で、太陽からの第二の贈り物だ。

    が、農家にとっても、非農家にとっても、注意が必要だ。
    規模の大きな電力消費家が、指をくわえて電気料金の上昇を傍観するか。
    消費家自身が高炉などの自家火力発電所を整備して、国民や農家の負担が重くなるという可能性がある。実際に、二酸化炭素を回収しようという研究開発が活発化している。
    回収と固定が、費用対効果に見合わないものであっても、太陽光発電が費用対効果に見合わないにも関わらず法という 「権力」 で推進されている現実をみれば判るとおり 「国民の雰囲気」 の前では 「費用対効果」 が問題でない。
    「回収しました」 「えらいね、回収した法人には電気料金または税金から環境保護として、お金を出しましょう」 「じゃあ、あとは消費者か国民が払ってね」 という、太陽光発電と同じ流れとなる可能性がある。

    法人が、二酸化炭素排出量削減基準を達成できなくとも、排出権取引で金さえ払えば良いという動きも表面化するだろう。 

    また、製造業がすでに海外へ移されつつある。結局、そうしてつくられた高価かつ不安定な電気を 「誰が買うか」 を考えるべきだ。「チリも積もれば山となる」 のは、電気と放射性廃棄物だけでない。二酸化炭素と国民負担も見えない山となる。