石原都知事も感激!「尖閣諸島」購入への寄付金がスゴイことになっているらしい。

東京都の石原都知事が購入を計画している「尖閣諸島」への寄付金が7月12日現在、13億5360万円もの巨額の寄付が集まっているという。
購入額は未定だそうだが「10億〜15億円」(関係者)との見方があり、寄付だけでこれを超える可能性も現実味を帯びてきた。東京都は12日、「尖閣諸島」の購入計画をPRするポスターを発表。
6,000枚製作され、都の施設や都営地下鉄の駅、区市町村などに掲示するという。
ポスターは「尖閣諸島」の魚釣島、北小島、南小島の写真に「日本の島を日本の領土だと言う勇気がいま、問われています。」とのメッセージとともに尖閣諸島周辺で資源埋蔵の可能性が判明したあとに中国が領有権を主張しはじめたことや、平成22年の中国漁船衝突事故にも触れており、寄付受け付け口座番号も書かれている。

東京都による「尖閣諸島」の購入計画は順調に進んでいるようだが、ここへ来て野田政権が日本人の私有地になっている「尖閣諸島」を購入し国有化する方針を固めた。
「尖閣諸島」を管理する石垣市の漁師によれば「都が買えば、漁場開発や避難港の設置が進みそうだが、国が購入すると、そのまま塩漬けにされそうだ」と話す。
石原都知事は、「結構なことだが、これまでの経緯もある。黙って見ていてくれと伝えた」と不快感をあらわにしている。
さらに「尖閣諸島」地権者側から「国が来たが、石原さんにしか売らない。安心してほしい」と連絡を受けたことも明かした。
また、東京都には「都が購入するというから寄付した、国が買うなら寄付金を返せ!」という意見も寄せられている。
野田政権が国有化を表明したことで、すこしおかしな感じになって来てしまったようだ。どちらが購入するにしても「尖閣諸島は日本の領土だ」と改めて世界に表明することになる。
某国の反発も大きくその後の維持・管理は結構大変だと思われる。
ただ、13億5360万円もの巨額の寄付が集まっていることは忘れないでほしい。
表明した以上、途中で投げ出すことは許されない。しっかりしてほしいものだ。

■関連リンク
・石原都知事もご立腹!?東京都が発表した●●が多い駅ベスト3!
・「パンダなんて興味なし!」石原都知事は今日もご立腹!
・和歌山「アドベンチャーワールド」の「オスパンダ」はアレもワールドクラスだ!

東京都庁 (Autumn Leaves and Tokyo Metropolitan Government) Photo By cyber0515

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド

  • ムッシュ

    2万円寄付しました、石原東京都知事 頑張れ。

  • SFbay

    日米中の軍事産業が後ろにありでは。

  • 本物の日本人

    元々只で貸与された筈なのに、今まで国は年間2,000万円以上の管理費を渡していたのでは?今回東京都の現地調査でテレビに発表された内容を視ると、ヤギ被害等全く管理していないことがみれますね。管理者は国から?金だけ(税金)をもらっておいて何を管理していたのでしょうか?また、もともと国が只で貸与したという事は、元々国家の土地という事になると考えますが・・・なんで今になって改めて税金で買い取る事になるのでしょうか?理解不能です。マスコミも含めて、矛盾を感じます。