浴び続けたら危険!?私たちをブルーな気分にするあの光とは?

最近、ブルーライトが眼に良くないと耳にする。
ブルーライトとは、人の目に見える可視光線の中でも最もエネルギーが強く、眼の奥の網膜にまで届いてしまう短波長の青色光のことである。
身近なアイテムでは、スマホ、ゲーム、PC、液晶テレビなどのデジタル機器のLEDディスプレイから発せられているのだ。

ブルーライトに長時間さらされていると、網膜に変性が起きる可能性やピントのズレが生じる。その結果、チラつきや眩しさといった現象が生じ、目の疲れや頭痛などに発展する。
また、人間のサーカディアンリズム(昼夜の体内リズム)に影響を及ぼし、夜間にブルーライトを見続けると眠れなくなったり体内リズムを狂わす原因になるそうだ。

そもそも、医学や光学の分野では目新しい概念ではないらしく、太陽光にも同じブルーライトの波長が大量に含まれているのだとか。
よって、日中は太陽のブルーライトをたっぷり浴びることで活動的になり、太陽が沈み、ブルーライトがなくなれば、脳が夜を認識して眠くなるというのが 人間の自然な生活リズムなのだ。
だが、時間を問わずLEDのブルーライトにさらされている我々現代人は、体内リズムのサイクルが狂いやすくなるというわけだ。

特に子供は、組織が未発達で 外部からの影響を受けやすく、大人の眼よりも感度が高い。
ブルーライトを長時間見つめ続ける子供の眼は、カメラのオートフォーカスのように常にピントを合わせようと動いているにも関わらず、ピントを合わせ辛い状態が続く。これは、眼の疲労だけでなく、近視を誘発する可能性も考えられるそうだ。

ブルーライトから眼を守る方法として、メガネや液晶フィルムなどがある。
とりあえず家に帰ってからのパソコン、スマホの使用の際には、PC用メガネでブルーライトをカットした方が良さそうだ。

今後、世界中で様々な研究が進められて行くだろう。
ブルーライトを低減したLEDディスプレイも開発されるかもしれない。

■関連リンク
・パソコン用メガネ<青色光カット>PC眼鏡☆パソコン、スマートフォン、ゲームなどのブルーライトを低減 (グロスブラック)
・ELECOM 液晶保護フィルム ブルーライトカット 12.1インチ EF-FL121BL
・お得で高性能!1,000円台で買えるおすすめLED電球ランキングベスト5!
・白身魚の味がする!?ウーパールーパーを唐揚げにして食す!
・安くておいしい「ウナギ」はこれだ!「産地別おすすめウナギランキング5」

Dewey Photo By angela n.

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド