人類が生んだ最も危険な廃棄物の最終処分場「オンカロ」を知っているか?

私たち人類には、このまま原発を一生稼働させても、仮に原発をやめ全廃しても、絶対に解決しなければならない問題が残されている。それは、放射性廃棄物の処分問題だ。現在のところ、きわめて安定した地層の地下深くに格納するのが唯一の解決法とされている。
こうした中、世界で初めてフィンランドが格納場所を決定し作業が進んでいる。

「オンカロ」と呼ばれるその施設は、フィンランドのオルキルオト島に存在する。
フィンランド語で「隠し場所」を意味する、世界で唯一の高レベル放射性廃棄物の最終処分場だ。

「オンカロ」は、地下およそ520メートルの深さまでトンネルを掘り、そこから横穴を広げ放射性廃棄物を処分していくという。2020年までに運用を開始し、その後2120年頃までの100年間にわたり埋設処分に利用される予定となっており、100年後に施設が満杯になった後は、道を埋めて完全に封鎖する。
使用済み核燃料に含まれるプルトニウムの半減期は2万4000年。生物にとって安全なレベルまで放射能が下がるにはおよそ10万年の月日を要するという。それまでの間、10万年にわたって「オンカロ」は地下に封鎖され続ける。

「オンカロ」は廃棄されたものを無害なものに処理するとか、何かするというものではなく、安全に隔離し少しづつ放射性廃棄物の危険が弱くなっていくことを待っているだけ。ただそこに隠しておくだけの施設だ。
安全に隔離しておくというと聞こえは良いが、「今は処理できる技術はないけど、将来研究が進めば処理できるよね?」「そうだね。」「たぶん誰か考えてくれるよ。」といった具合に10万年後の人類に責任を押し付ける施設ともいえる。

そんな「オンカロ」だが、日本には存在しない。
青森県の六ケ所村に中間貯蔵施設があるが、最終的に放射性廃棄物の処理をする施設ではない。
「オンカロ」に携わった学者たちは「不安定で地層処理のできない日本は、最終廃棄物処理場が作れない国だ」と述べたという。
「現在の科学では放射性廃棄物の処理は地層処理しかないといわれているが、地層処理場ができないのに原子力を持っている国である日本は、火山があり地震があり、常に地層が安定しない。中華料理の回転テーブルの上に放射性廃棄物を置いたようなもので、いつ動くか解らない。」日本はそういう状況にあるのだという。

続けても、全廃しても大きな壁が立ちはだかる私たち日本。
最終的な選択肢は、「どこかの外国にお願いする」か「高レベル放射性廃棄物を無害なものに処理できる技術」を研究するしかない。「反原発デモ」が解決策のないただのワガママとなってしまわないよう、世界で唯一「高レベル放射性廃棄物を無害なものに処理できる技術」を持つ国になって欲しいと願う。

■関連リンク
・見よ!これが日本国内の全50基「原発危険度ランキング」だ!
・「よくこんな原発の審査通したな?」と専門家らが国を大批判!志賀原発再稼働は危ない!
・部屋に電気は絶対必要でしょ?でもトイレがなくても許してくれる? byノダヨシヒコ
・隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ
・池上彰の講義の時間 高校生からわかる原子力

Citybanans station Stockholm City Photo By pellesten

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド