「パンダなんて興味なし!」石原都知事は今日もご立腹!

7月5日、上野動物園では24年ぶり、自然交配では初めてという歴史的なパンダの出産に日本中が沸いた。早くも「赤ちゃんパンダの公開はいつなの?」との声が上がっている。過去には誕生から半年をめどに行われているが時期は未定。公開されれば「パンダ・フィーバー」が巻き起こることは間違いない。
そんな中、日本で一番と言っていいほど関心がないのが東京都の石原慎太郎都知事だ。石原都知事は記者会見で、上野動物園のジャイアントパンダ「シンシン」が出産した赤ちゃんについて「全然興味ないね、あんなもの。2年たったら返さなくちゃいけないんだろ」と述べた。

都知事は母親パンダの「シンシン」に妊娠の兆しがあることが判明した際、都が購入を計画している沖縄県・尖閣諸島にからめ「センセンとかカクカクと名付けたらいい」と語っていた。
また、6日の会見でも「尖閣って名前付けて返してやればいい。」と言いたい放題。
パンダの命名権は都にあるらしいのだが、正式決定には中国側の同意が必要だという。石原都知事の発言を受け、都幹部があわてて「知事の発言は冗談。大人の対応をします」と取りつくろった。

最初から上野動物園にパンダは必要ないと発言していた石原都知事。
中国側から提示されていた、2頭で年間1億円以上という法外なレンタル料を都の税金で払うことにも難色をしめしていた。

石原都知事はパンダが嫌いなのかそれとも…。
やっぱりそっちが嫌いなんだろう。

■関連リンク
・石原都知事もご立腹!?東京都が発表した●●が多い駅ベスト3!| スゴモリ
いつの間に!上野動物園のパンダ「シンシン」が赤ちゃんを産んだよ〜!| スゴモリ

National Museum of Nature and Science,Tokyo_20 Photo By ajari

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド