女子会では「とりあえずフローズン!」が合言葉!?ビール業界に「救世主」登場の予感?

夏目前!ビールが美味しい季節の到来だ。
飲食店情報サイト「ぐるなび」を運営する株式会社ぐるなびは、ビールがより美味しく感じられる夏を前に「ビール特集」を今月から開始したことにちなんで、ビールに関する意識調査を実施した。
調査では、ビールを使ったカクテル「ビアカクテル」が若者の間で人気であることや、ビール業界の今年のニューフェイス・フローズンビールや氷点下ビールへの興味が高いことが分かった。ビールの新しい楽しみ方の登場、浸透により、ビール人気の再上昇が期待されている。

【調査概要】
■調査方法: インターネット調査
■調査期間: 2012年6月11日(月)~14日(木)
■調査対象: 20歳以上の男女
■サンプル数: 1,226人(男性608人、女性618人)

まず、1,226人に「普段、お酒を飲みますか?」と尋ねたところ、
「よく飲む」38.3%
「ときどき飲む」30.8%
「あまり飲まない」12.9%
「ほとんど飲まない」17.9%(220人)

次に、「ほとんど飲まない」人以外の1,006人に質問。

■飲み会の乾杯はビールでしますか?(男性535人、女性471人)単一回答
「必ずビール」50.4%
「だいたいビール」32.8%
「仕方なくビール」8.4%
「ビール以外を頼む」8.3%

約半数が乾杯は「必ずビール」だった。若者のビール離れが進行し、「とりあえずビール」は死語とも言われるなか、まだまだビールは根強い人気があるようだ。「必ずビール」と回答している年齢別の内訳では、女性が全体的に低い。
特にビール離れが著しいと言われる若い女性については、20代女性が30%と低く、
「仕方なくビール」18.6%、
「ビール以外を頼む」30%
との回答が他の年代より最も高かった。

次に、話題のフローズンビール、氷点下ビールについて質問。

■最近話題となっている「フローズンビール」や「氷点下ビール」を飲食店で飲んだことがありますか?
「飲んだことがある」20.2%
「飲んでみたい」59.1%
「飲みたいと思わない」20.7%

と回答。2割が「飲んだことがある」、6割が「飲んでみたい」と新感覚ビールに興味を持っているようだ。
なかでも、今までビールに対して関心が薄かった20代女性の半数が「飲んでみたい」と回答。それ以外の女性の年代でも総じて高く、ビール業界に突如現れたニューフェイスに世の女性達は興味しんしんのようだ。

ビールメーカーにとって最大の稼ぎ時である夏はもうすぐそこ。
「キリンビール」は8月までの期間限定ショップ「キリン一番搾りフローズンガーデン」を東京・大手町にオープンしている。
一番搾り生ビールの上に、シャーベット状に凍らせたマイナス5度の泡をソフトクリーム状に盛り付ける。飲んだときのシャリシャリとした食感と、泡がふたの役割をし30分間冷たさをキープするという効果があるという。ポッコリと可愛く盛りつけられた泡は女の子受けが良さそうだ。
「アサヒビール」は、すでにスーパードライを専用サーバーでマイナス2度にまで冷やして飲む、「エクストラコールド」を展開している。これまで取り込みきれていなかった女性客の来店が増えているという。
こちらは飲んだことがあるが、もともとキレのある「スーパードライ」がさらに研ぎ澄まされ、苦味が押さえらている印象だ。
今年も節電の夏。「氷点下」を武器に今年もビールメーカーの熱い戦いが始まる。

詳しい調査結果は、株式会社ぐるなび
ビールに関する意識調査

キリンビール株式会社
フローズン生

アサヒビール株式会社
エクストラコールドBar

■関連リンク
ノンアルコール飲料を飲まない理由、60%が「あえて飲む必要がないから」と回答 | スゴモリ

KIRIN BEER Photo By psd

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド