ノンアルコール飲料を飲まない理由、60%が「あえて飲む必要がないから」と回答

株式会社ライフメディアが、ノンアルコール飲料に関する調査を実施した。
■テーマ:ノンアルコール飲料に関する調査
■有効回答:2578件
■調査期間:2012年5月31日から6月7日
■対象者:20歳以上の男女

ノンアルコール飲料とは、アルコール分が含まれない、または1%未満のアルコール分を含むアルコールテイストの飲み物。
2009年頃より0.00%のビールテイスト飲料が発売され始め、最近では飲食店での販売も増えてきた。
そこで今回は、20歳以上の男女を対象に、ノンアルコール飲料に関する調査実施。

その調査によると、
■これまでにノンアルコール飲料を飲んだことがあるのは70%程度。
■ノンアルコール飲料を飲んだことがある人に飲む頻度を聞いたところ、65%は月に1回未満と答えており、常飲されているものではないことがわかる。
■飲んだことがあるノンアルコール飲料は、84%が「ビールテイスト」、続いて33%が「カクテルテイスト」と回答している。カクテルテイストは女性の割合が高いことがわかる。
■ノンアルコール飲料を飲む理由は、「運転をするときに(32%)」がトップとなり、続いて「話題性があるから(28%)」となっている。
■ノンアルコール飲料は75%が「定着する」「ある程度定着する」と回答している。
■今後、ノンアルコール飲料を飲むことがあると思う人は、53%。
■今後、ノンアルコール飲料を「飲まないと思う」理由を聞いたところ、60%が「あえて飲む必要がないから」と回答。

「あえて飲む必要がないから」というのはもっともな意見だ。

ここで回答の一部を紹介する。
・ゼロカロリーやなんかと一緒で、何かを0にしているものはまずいイメージがある。ノンアルコールなのでジュースと変わらないのに、アルコールというだけで普通の飲料より高いので、ノンアルコールを買うならジュースかアルコールを買う。(神奈川県:20代女性)

私もそう感じていた、何かを0にした物は、おいしさまで0になっているように感じる。

・やむを得ず、運転などを強いられる場合に数回飲んだ事はあるが、わざわざノンアルコール飲料を飲むくらいなら、ソフトドリンクを飲んだ方が良いと思う。(福岡県:30代男性)

そりゃそうだ。私個人の意見だが、ノンアルコール飲料など飲むに値しないものと思っていた。

一方でこんな回答も、
・私はお酒が好きなのですが、病気を患い薬を飲まなくてはならなくなり、そのため大好きなお酒を我慢しなければならなくなりました。そのため、お酒を飲みたいときはノンアルコール飲料を飲むようになりました。これからの夏、ビールが恋しくなる季節です。酔うことはできませんが、ノンアルコールビールを飲んで今年の夏を乗りきろうと思います。(埼玉県:20代女性)

・脳出血を起こして以来30年間毎日飲み続けていたアルコールを禁止された。「ノンアルコールなんか飲むくらいなら水飲んでろ」とうそぶいていたが、いざ自分が飲めなくなるとこんな有り難い存在はない。ノンアルコールのビールはマズいと十把一絡げで思っていたが、ノンアルコールビールも銘柄による味の違いがハッキリとあることに気がついた。(熊本県:50代男性)

う〜ん…。泣けてくる。病で飲めなくなった人にではなく、一方向に偏った見方しかできていなかった自分にだ。
ノンアルコール飲料の存在意義はそういうところにあるのかもしれない。

jay drink beer
Photo by jb.atwood

株式会社ライフメディア
・ノンアルコール飲料に関する調査

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド