「なぜ犬に勝てない?」ドコモ社長に厳しい質問が浴びせられる。

NTTドコモは2012年6月19日、定時株主総会を開催。株主からは、iPhoneの取り扱いの有無をはじめ、契約純増数競争における苦戦、株価低迷などに対する厳しい質問が相次いだ。

iPhoneの扱いについては、「結論からいうと、現状では難しい」とのこと。
「ドコモのお客様の要望は、おサイフケータイが欲しい、あるいはワンセグが欲しいといったもので、iPhoneではこれができない。」とコメント。

山田社長は、「ドコモでは、当社が作った言葉である『ネットワーククラウド』戦略を推進しており、この仕組みだからこそ、端末によらず、さまざまなサービスが利用できる。しゃべってコンシェルは、アップルのSiriと同等のサービスであるが、Siriでは、利用できる端末がiPhoneに限られている。Androidでは、自由にサービスを作り込めるが、アップルはそれが許してもらえない。」とコメント。
iPhoneはアップルがすべてをコントロールしていて、いろんなことを許してもらうことができず、やりにくいそうなのだ。
また、アップルがそれでもいいよ。っていってくれたらiPhoneを導入を考えてみるそうで、「iPhoneは競争相手であり、なんとしてでも凌駕する、ということでがんばっていきたい」とし、アップルの好きにはさせないぞ!といった熱い思いが伝わった。

ドコモ版iPhoneを期待していたユーザーには残念だが、しばらくドコモからはiPhoneは発売されそうにない。

また、「iPhoneユーザーがこぞって移行するような魅力的なサービスが登場するのか?」、「フィーチャーフォンユーザーは捨てられてしまうのではないか?」といった質問に、「新たな料金、サービスを考えている。スマートフォンの料金が高いという声もあり、料金の多様化をどう図れるのかということを考えていく。また、音声通話、メールだけでいいというフィーチャーフォンの利用者が、現在でも4,000万人いる。2012年度には500万台のフィーチャーフォンを販売する計画であり、満足していただけるようなフィーチャーフォンの新たな機種を投入していく」とし、新たなサービス、料金の発表を予感させた。

また、ソフトバンクのテレビCMがユニークであり、「犬に勝てるCMは作れないのか」という質問に、山田社長が「当社のテレビCMに出演していただいている渡辺謙さんも、犬には勝ちたいといっている」とコメント。謙さん共々絶えず努力していきたいとした。

ネット上のつぶやきでも、
「ダメダメな回答だな 」
「顧客の要望が多いのはおサイフケータイやワンセグ、赤外線で、iPhoneではそれができない」吹いた。いつまで言ってるんだw
「利益の出し方を間違えてるんじゃないかと思えてしまう」
などの、厳しいコメントがつぶやかれている。

株主の言うように、犬に勝てるCMを作って、iPhoneを導入すればドコモが復活するのかは疑問だが、15年ドコモ一筋の私は、いつか分からないドコモ復活の日を夢見ている。

■関連リンク
・香港版 純正品 正規 Apple SIMフリー iphone 4S White ホワイト 16GB
・iPhone 4S (香港SIMフリー版) 64GB ブラック
・ドコモ、スマートフォンのデータ通信料値下げニュースに不満続出! | スゴモリ
・シニア世代にもスマホの波! 約6割が「スマートフォン」への変更を希望!? | スゴモリ

White Dog Photo By glen edelson

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド

  • Mikenekopon

    docomoからiPhoneがでたら即乗換るけどな~
    ソフトバンクでプラチナバンドが普及したら乗り換えも見込めなくなるんじゃ・・・?