ビジネスパーソンのスキルと資格についての意識調査

Gabaマンツーマン英会話は、20歳~49歳の男女1,000名のビジネスパーソンにスキルと資格についてリサーチを実施した。

<ビジネススキルと自己投資額>
◆ 身につけたいビジネススキル
1位「コミュニケーション力」 2位「判断力」 3位「パソコンスキル」
◆ビジネススキルアップの方法
1位「日常業務」 2位「自己投資」 3位「会社が用意した研修」
◆ビジネススキルUPのための自己投資金額(1ヶ月)
平均7,400円 男性8,600円 女性6,200円
◆今後予定しているビジネススキルUPのための自己投資金額(1ヶ月)
平均10,900円 男性11,800円 女性10,100円

Facebookユーザーでは「自己投資」が6割強と最も多く、「社外の勉強会やセミナー」や「自分で探した社外の研修」でビジネススキルUPしている割合が他に比べて高く、自身のスキルUPに対して自ら積極的に取り組んでいる傾向がみられた。 また、自己投資をしているビジネスパーソンの約8割は、自分で費用を負担し自己投資を行っていることがわかった。来年度に向けて投資額を増やす傾向がみられ、自己投資欲が高まっていることがわかった。

<来年度の目標と10年後の目標年収>
◆ 来年度の目標
1位「業務上の成果・成績UP」 2位「年収UP」 3位「専門スキルUP」
◆10年後の目標年収
1位「400〜599万円」 2位「1,000万円以上」 3位「600〜799万円」

ビジネス面における来年度の目標は、男性では「年収UP」や「昇進」を目標とする割合が高く、女性では仕事だけではなく私生活も充実させることを目標とする人の割合が高かった。また、10年後の目標年収を「1,000万円以上」と回答した割合が、男女とも年代が上がるにつれ高くなったが、20代男性の22.7%、30代男性では34.1%が目標にしていることがわかり、若い人の中にも意識が高い人がいることがわかった。

<取得している資格と取得したい資格>
◆ 取得している資格
1位「英検」 2位「簿記検定」 3位「TOEIC」
◆ 今後取得したい資格
1位「TOEIC」 2位「医療事務資格」 3位「簿記検定」
◆ なぜその資格を取得したいか
1位「何かあった時の備え」 2位「チャレンジの一環」 3位「将来必要」

今後取得したい資格では、ビジネスの場で英語が必要な人の4割が今後取得したいモノに検定試験のスコアを挙げており、ビジネスパーソンが「TOEIC」に関心が高いことがうかがえた。女性では「医療事務資格」や「介護事務」といった資格を取得したい人の割合が男性よりも高く、カラーコーディネーターが4位に入っていたのは現代を反映していて少し驚きだった。また、資格を取得したい理由では、「何かあった時の備え」が一番高く、将来に対する不安への裏返しようにも受け止められた。また、目標年収が高い層ほど、資格や検定試験で現在の自分の能力を確認し、自分の将来像を描いている様子がうかがえる結果となった。

関連リンク ・HMV「アニメに関する意識調査」がちょっとおかしいと話題に | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド