デザイン的思考を育てる「デザインあ」が面白い

みなさんは土曜日の朝7時からNHK Eテレ(教育テレビ)でやっている「デザインあ」という番組を見たことがあるだろうか?休みとはいえ朝早いので起きてないという方もいらっしゃるだろう。
この番組は、デザインを人とモノ、人と人との関係を「より良くつなげる」ための観察・思索・知恵・行動のプロセスと考え、身の回りにあたり前に存在しているモノを「デザイン」の視点から見つめ直し、斬新な映像手法と音楽で表現することで、子どもはもとより大人まで「デザインの面白さ」を伝えながら「デザイン的な視点と感性」を育てようという番組だ。
参加してスタッフも、グラフィックデザイナー・佐藤卓、ミュージシャン・コーネリアス、インターフェースデザイナー・中村勇吾と日本を代表するトップ・デザイナーとミュージシャンとすごい顔ぶれが並ぶ。コンセプチュアルアートのような映像と音楽を体感した人は、きっとこの番組のとりことなること請け合いである。

 

■関連リンク
・テレビの地震災害報道から息抜きできる「NHK番組コレクション」 | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド