世界初の球体飛行体が日本防衛省から登場

日本の防衛省技術研究本部が偵察任務や災害救助に活用できる、世界初の球体型の飛行体(7号機)を1年半かけて開発したとワールドビジネスサテライトの「トレンドたまご」内で紹介された。近未来的なフォルムとスムーズな動きが視聴者を釘付けにし、海外でも話題になっている。

この飛行物体は、大きさは少し大きめのサッカーボールほどで、再考時速は60km。8分間の飛行が可能。プロペラの風は8枚の羽でコントロールしている。球体であるため、着陸も容易だ。ただ、動画からは転がってしまい安定はしにくいように見える。部品代は11万円。その部品のほとんどは秋葉原で購入可能だという。内部にカメラを搭載し、空中から撮影することで偵察用として活用が期待されている。

開発した佐藤技官は「あらゆる場所に着陸でき地上を回転移動し、さらに空を自由に飛べる飛行機が球形で実現できるのではと考えた」と語っている。

今後の課題はオートパイロットの開発や、風の影響といった耐環境性をあげており、今後に期待される製品だ。

photo:ワールドビジネスサテライト トレたまレポーターブログ:テレビ東京

■関連リンク
未来の夏にはレーザー蚊取り線香、レーザーフェンスが活躍するかも | スゴモリ
DARPAが新型無人飛行機の開発をクラウドソーシング、開発者募集中 | スゴモリ
5つのボールを華麗にジャグリングするロボット – チェコ工科大学 | スゴモリ
助け合うロボットたち-利他行動の血縁選択説、ロボットで証明される | スゴモリ
ボーイング社の無人偵察機「ファントム・レイ」が試験飛行に成功 | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド