大気汚染の元を地図上に可視化するオンライン地図を発表 – EU

大気汚染の発生のもとを示すオンライン地図がEUの欧州委員会と欧州環境庁は共同研究センターと共同によって公開された。市民に大気汚染の拡散元がどこにあるかという情報を提供する目的で製作された。

酸化窒素(NOX)、二酸化炭素(CO2)、アンモニア(NH3)、粒子状物質(PM!0)、酸化硫黄(SO2)といった物質の排出移動を可視化しており、道路や航空、船舶の交通、建物内の暖房、農業、小規模の企業といった分野ごとにデータを見ることが出来る仕組みだ。

このオンライン地図には、サイトにはこちらからアクセスすることが出来る。

■関連リンク
福島第1原発事故、全国の食品の放射能調査データ公開 | スゴモリ
放射性物質の除去に有効な青い特殊な水、DeconGel | スゴモリ
世界同時多発している野生動物大量死の実態をGoogleMapsで確認 | スゴモリ
Google Earthで見る、WikiLeaksミラーの拡散 | スゴモリ
月の裏側の写真公開-NASA | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド