外国アクセント症候群とは何か

James Murphy, LCD Soundsystem

Karen Butler は歯科医の診療室で起きた。麻酔が消えた後、インディアナ出身であるオレゴン住民は彼女のアメリカ英語を聞くと、突然イギリス、アイルランド、ヨーロッパの発音を寄せ集めたように聞こえて当惑した。彼女の話し方の一時的な変化を考えると、Bulterを担当した医者は彼女の口が腫れていたからだと思っていたが、回復してからもそのアクセントは変わらなかった。

医者はBulterが麻酔の間にちょっとした脳卒中を起こしたのではないかと仮定しているが、それが人の話し方のイントネーションとピッチを変える神経学の異常である、外国アクセント症候群(これをFASという)という結果に結びついた。

聞いている人にとって、FASの人々の言葉は別の文化から与えられた言語のように聞こえ、母語ではないように感じる。重要なのはスコットランドのアクセントのように英語を話すFASの女の人がそのように聞こえていない可能性があるということだ。過去にFASは精神的問題から始まるものだと考えられていたが、それは人々の症状に合わず、わずかな治療の選択を生んだ。ある注目されるべきFASの判例としてノルウェーの女性が頭部の怪我をして、回復したと気付いた時には彼女の話す言葉は制御できないドイツ語のアクセントを持つ話し方になっていて、結果として彼女の周りの人々は彼女を遠ざけ、以後「Chronicle of Higher Education article」に物語られることになった。

しかし、ある調査分析によって、神経学の基盤で特に脳の前方の損傷が言葉の部分と関連があると示した。その調査分析を書いた記事は、FASが「自動化された話し方の制御過程の混乱」、もしくは話し方を制限する先行性の形態であると結論付けた。ほかの研究員たちは、精神的ではなく、身体的障害がこの問題の一番の原因であるということに同意している。舌、唇、口の動き方といった身体的に直接関係のあるものが母音と子音の発音を外国の言葉のように聞こえさせるという内容にも同意している。また別の調査で小脳の損傷がFASに影響しているかもしれないことを示している。

脳卒中や頭部の怪我、病気で脳の損傷を引き起こされることでFASが話し方の徹底的な治療とは真逆の存在となるかもしれない。しかし奇妙なアクセントを好んで育ったBulterにとって、FASは彼女の抱いている新たな個性を与えたものとなった。

(ブイヨン)

Creative Commons License photo credit: Matt Biddulph

■関連リンク
What Is Foreign Accent Syndrome? : Discovery News
言葉がなくては数えられない-米シカゴ大学 | スゴモリ
なぜ手書きの方がタイピングより学びに適しているのか | スゴモリ
言葉のデータベースで遊んでみよう、Google Books Ngram Viewer | スゴモリ
言語の系統解析 | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド