福島第1原発事故、山菜から放射性物質が検出

Takenoko

山菜や野生のきのこの安全性に関しては、前に記事に書いたが、山菜について、具体的なデータが発表されたので紹介したい。

厚労省は5月1日、福島県いわき市産のタケノコと、福島市産の山菜のクサソテツ(コゴミ)から、暫定規制値を超える放射性物質が検出されたと発表した。

タケノコは4月27日採取で、規制値(1キロ・グラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウム650ベクレルを検出。クサソテツは同28日採取で、同セシウム770ベクレルが検出された。

いずれもこれまで規制値を超えたことがなく、出荷制限されていないが、同県が出荷自粛を要請するという。

コゴミは非常になじみのある山菜で、年に一度の味覚である。それに故にたいへん残念なニュースである。また、特にほとんどの部分が土の中にあるタケノコ(地上にしっかり頭を出したタケノコは、固くて食用には向かない)から、高濃度の放射性物質が検出されたことは、汚染が土壌の中にも広がっていることを意味するので、問題であろう。

(堀博美/きのこライター 「きのこる キノコLOVE111」(山と渓谷社)執筆 http://spore.sblo.jp/)

Creative Commons License photo credit: JanneM

■関連リンク
いわき産タケノコなど、規制値超える放射性物質 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
福島第1原発事故、全国の食品の放射能調査データ公開 | スゴモリ
福島第1原発事故、レベル7評価に対する海外専門家の見解 – SMC | スゴモリ
福島第1原発事故・山菜、きのこ狩りには注意! | スゴモリ
福島第1原発事故、福島の16市町村で露地栽培のシイタケ出荷制限 | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド

  • ゆうき

    飛騨高山のからも出たのは隠蔽されたの?