放射性物質の除去に有効な青い特殊な水、DeconGel

CBIポリマーズが開発した放射性汚染除去剤、DeconGel。4月には日本の震災後の放射性汚染の被害の救援援助として25万ドル相当の寄贈が行われていた。これはいったいなんだろうか。

DeconGelは、除去対象にドロッとした液体を薄く伸ばして乾燥、剥がすことで表面に付着した放射性物質をはじめとする人体への脅威となる化学物質等を除去できるというシロモノ。剥がしたDeconGelはそのまま捨てることが出来、一度取り込んだ物質はカプセル化され再び飛散することもないという。

また、従来実施されていた洗剤と水による洗浄方法に比べて高い除去率を誇るという。水で洗浄した場合、処理しにくい放射性物質を含んだ水が生成されるので複数の点から優位性が伺える。

開発者による動画での詳しい説明は以下から。

なお、惨事に乗じて、放射性物質を除去する事を謳った水などを売りつける詐欺事件なども発生している。デマ情報には気をつけたい。

■関連リンク
放射性物質汚染除去技術を提供  CBIポリマーズ社がディコンジェル|共同通信デジタル
福島第1原発事故、植物による土壌浄化に関する国内専門家の見解 | スゴモリ
福島第1原発事故、全国の食品の放射能調査データ公開 | スゴモリ
食物の放射性物質汚染についての研究者の見解 – SMC | スゴモリ
広がる藻類の将来性、放射能を除去できる可能性も – ノースウェスタン大学 | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド