いずれは網膜も培養される時代に

日本の研究者達が実験室で網膜をマウスの胚性幹細胞から作り上げた。この「培養皿の網膜」は少なからず程度によって今まで設計されたなかでまだ最も複雑な生体組織だと主張している科学者もいる。

これが人間の細胞でも働くように適応するならば、人間の目に移植しても安全である網膜を提供することができ、失明の多くの種類の潜在的な治療を提供することができるようになる。それには何年かかかるかもしれないが、その間に研究室の成長したマウスの組織は、眼の疾患およびそれらの治療の可能性に関する豊富な情報を提供することができるだろう。

神戸の理研発生・再生科学総合研究センターで発生したこの組織は単なる網膜ではなく、完全な眼杯であった。眼杯は二つの層から成りたってている器官で、網膜層とその外側の栄養を提供し網膜を支えている色素細胞と情報を脳に送っている光感受性細胞の層から成り立っている。

研究者達はこのマウス眼杯を実験室で作るために、マウスの胚性幹細胞を栄養と幹細胞を網膜の細胞に成長させるタンパク質の入った培養皿に入れ、さらに細胞を支えるために一緒にその構造を維持するタンパク質ゲルを追加した。最初は、幹細胞は単に初期網膜細胞の集団へと形質転換したが、時間がたつと自然の胚と同じようにゆっくりと完全に眼杯を形成した。

いまだ明らかでないのは、この実験室で成長したバージョンの網膜が実際にふさわしい反応をマウスの脳に伝えられるかどうかだ。

(櫻井博光)

■関連リンク
‘Retina in a Dish’ is the Most Complex Tissue Ever Engineered in the Lab | Popular Science
理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)
画期的!網膜投影型ヘッドマウントディスプレイの事業化が決定! | スゴモリ
網膜に直接イメージを投影する未来のコンタクトレンズ開発中-ワシントン大学 | スゴモリ
第3の視細胞と青色光 | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド