方位磁石で方角がわかるのはどうして?

Q:方位磁石で方角がわかるのはどうして?

A:地球自体が帯びている磁力の影響を受けるためです

 

Compass Zoomed方位磁石のN極は北、S極は南の方角を指します。地球上のどこにいても、同じように方角がわかるのはどうしてなのでしょうか?

地球はそれ自体が磁力を帯びた巨大な磁石のようなもので、北極付近がS極、南極付近がN極になっています。この磁力の事を「地磁気(ちじき)」と言います。
磁石は違う極同士が引かれ合いますから、地球上のどこにいてもN極が北、S極が南を指すのです。

実は、磁石が指す北(磁北)と地図上の北には少しズレがあります。あくまで北極の方を指しているだけで、ぴったり北極点を指しているわけではなかったんですね。
日本の場合は、方位磁石が指す方向から4〜10度ほど右側が地図上の北になります。

Creative Commons License photo credit: gwgs

■関連リンク
空気のない宇宙でロケットが飛べるのはどうして? | スゴモリ
「発酵」と「腐る」の違いってなに? | スゴモリ
鉄分が足りないと貧血になるのはどうして? | スゴモリ
ステンレスがサビないのはどうして? | スゴモリ
光学式のマウスはどうやって動きを読み取っているの? | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド