蛍光灯はどうやって光っているの?

Q:蛍光灯はどうやって光っているの?

A:蛍光灯の中に塗られている蛍光物質が紫外線に反応して光っています

 

Luminous Idea皆さんの家にもある蛍光灯、長い棒状や丸いリング状など色々な形がありますが、どうやって全体を光らせているのでしょうか?

 

蛍光灯に電気を流すと中で電子が発生し、蛍光灯内部に封入された水銀原子にぶつかります。
電子とぶつかった水銀原子は紫外線を発生させますが、紫外線だけでは人間の目には見えませんし明るくもなりません。
そこで、蛍光灯の内側に塗られた蛍光物質の出番となりますが、蛍光物質と紫外線が反応すると人間の目にも見える光が発生するのです。
これは蛍光塗料にブラックライトの紫外線を当てると光るのと同じ原理で、それよりも強い反応が蛍光灯の中で起きているのです。

Creative Commons License photo credit: Tiago Daniel
■関連リンク
環境にやさしいはずのLED電球が複数の発がん性物質を含む-カリフォルニア大学 | スゴモリ
「発酵」と「腐る」の違いってなに? | スゴモリ
鉄分が足りないと貧血になるのはどうして? | スゴモリ
ステンレスがサビないのはどうして? | スゴモリ
光学式のマウスはどうやって動きを読み取っているの? | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド

  • ひろき

    いやいや、蛍光の原理を説明しろよ、波長の変換と、電子とエネルギーの置き換えとか、この記事の内容だと車はガソリンを燃やして走ってるとしかいってないぞ