ガムとチョコレートを一緒に食べるとガムが溶けてしまうのはどうして?

Q:ガムとチョコレートを一緒に食べるとガムが溶けてしまうのはどうして?

A:ガムの主成分は油に溶ける性質を持っているからです

 

the chocolate orgy ended in love
ガムを噛んでいて、チョコレートと一緒に食べたら溶けてしまったという経験はありませんか?

 

これは、ガムの主成分がポリ酢酸ビニルという有機物であることが関係しています。
この有機物は唾液で溶けてしまうことはありませんが、チョコレートに含まれるカカオバターはポリ酢酸ビニルと同じ有機物なので、ポリ酢酸ビニルを分解してしまうのです。
また、ビスケットやクッキーのようなバターを使ったお菓子をガムと一緒に食べると同じことが起きます。

この性質は髪の毛についたガムを取るときにも利用できます。
髪の毛についたガムも水で溶けないので洗ってもなかなか取れませんが、油脂を含んだヘアワックスなどをつけることで取りやすくなるので、もしものときは試してみてくださいね。

Creative Commons License photo credit: Darwin Bell

■関連リンク
ブラックチョコレートはミルクチョコレートよりも健康にいい | スゴモリ
バレンタインデーなのにチョコレートが危ない!チョコレートあれこれ | スゴモリ
鉄分が足りないと貧血になるのはどうして? | スゴモリ
ステンレスがサビないのはどうして? | スゴモリ
光学式のマウスはどうやって動きを読み取っているの? | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド

  • 愛love陸上

    なるほど!!
    まぁ、ガムとチョコを一緒に食べる人はそういないと思いますが・・・。
    ってことは、靴の裏に付いたガムも油分が含まれたもので落とせばいいわけですね!