血液型ならぬ腸型?人間の腸の細菌は3種類に分けられることが判明

人間の血液型は大きく4つ分けられる事が知られているが、どうやら腸もいくつかの型に分けることができるかもしれない。

ドイツのハイデルベルグで、欧州分子学研究所の研究者達が腸内の細菌が3タイプに分けられる事を発見した。Peer Bork氏を中心としたチームは3種類のカテゴリーをenterotypeと呼び、調査対象となった人達はこのどれかのenterotypeに分類できると発表した。研究チームはデンマーク、フランス、イタリア、スペインで22人の皮膚や唾液から腸内の細菌のDNAを入手し、3つのenterotypeに分類した、その後アメリカと日本の合わせて17人の人についても調べ、同様に3タイプに分けられる事を確認した。このenterotype腸内で最も多い細菌の属で分けられている。

腸内にいる細菌は悪玉菌や善玉菌、日和見菌の三種類だが、彼らは人間では生産できない酵素を生産して消化を助けたりビタミンを生産している。今回の分類によれば、1型のenterotypeではビオチンでしられるビタミンB7を生産する酵素の量が多く、2型ではビタミンB1を生産する酵素が多いなどの特徴が見られた。つまり血液型と同様に、”腸型”も違いによって働きが違う可能性がある。今後の研究課題はアフリカでも同じような結果が出るかどうかだと言う。Peer博士と彼のチームは今後調査対象を400人に増やす予定だと言う。

腸型についての研究が進めば、将来は腸型別の治療法も出てくるだろう。

(櫻井博光)

■関連リンク
Bacterial Ecosystems Divide People Into 3 Groups, Scientists Say
Gut-Bacteria Mapping Finds Three Global Varieties
人工血液の歴史、エセックス大学 | スゴモリ
血液鑑定で年齢をピタリ | スゴモリ
女性から一番人気の血液型はズバリO型! | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド