本物の宇宙ビール、vostok


オーストラリアの醸造会社が実際に宇宙で消費できる宇宙ビールを製造しました。

宇宙ビールと言えばサッポロビールが作った「宇宙ビール」ことサッポロ スペースバーレイが思い出されます。しかしこのビールは宇宙で栽培された素材で作ったビールであり、宇宙に持っていくのが難しいだけでなく、宇宙では飲む事ができないのです。

なぜ宇宙でビールを飲めないのか?ビールに限らず炭酸飲料に言える事ですが、無重力状態ではゲップが出来ないからです。

地球上では重力が液体を胃に押しとどめてくれるため、ゲップをしても炭酸しか出ませんが、宇宙では重力がほぼないためゲップをすると恐ろしい事になってしまいます。つまり炭酸だけでなく液体も出てきてしまい、さながらゲ●のようになってしまうのです。

そこでオーストラリアの4 Pines社Saber Astronauticsと提携し、炭酸ガスを減らす一方でビールとしての味を損なわないようにするのに試行錯誤しながら世界で初めて宇宙空間でも楽しめるビールを開発しました。

そのビールは世界で初めての有人宇宙船に敬意を表してボストーク(Vostok)と名付けられ、オーストラリアで売られています。
宇宙旅行での楽しみがまた一つ増えそうですね。

(櫻井博光)

■関連リンク
Vostok – The Worlds First Space Beer
輪ゴム、ビール瓶、iPhone、なんでも映像作っちゃうクリエイタ! | スゴモリ
渇いた家庭に潤いを! 缶ビールの形をしたUSB加湿器 | スゴモリ
ダークエネルギーを使えば瞬間移動ができるかもしれない | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド