海のサンゴは植物?動物?

Q:海のサンゴは植物?動物?

A:刺胞動物(しほうどうぶつ)というクラゲやイソギンチャクの仲間です

Passing storm

木や岩のような姿をしていて、一見して植物なのか動物なのか迷ってしまうサンゴですが、これは刺胞動物という動物の仲間です。同じ仲間にはクラゲやイソギンチャクがいます。

サンゴは「ポリプ」という小さなイソギンチャクのような生物がたくさん集まっていて、ポリプの固い殻であの木や岩のような形を作っています。

サンゴは動物なので、もちろん食事もします。ポリプの一匹一匹はエサを捕まえるための触手と食べるための口をもっていて、プランクトンなどの微生物を捕まえて食べているのです。

では、死んだ後どうなるのでしょうか。サンゴは死んだ後、粉々になったものが集まり、近くの海辺の砂浜になります。綺麗な真っ白な砂浜には、長い間生きてきたサンゴが形を変えて生きているのです。
Creative Commons License photo credit: ippei + janine

■関連リンク
空気のない宇宙でロケットが飛べるのはどうして? | スゴモリ
うるう年って何のためにあるの? | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド