充電ができる電池とできない電池の違いってなに?

Q:充電ができる電池とできない電池の違いってなに?

A:電気を起こす際に電池の中で起きた化学変化を元に戻せるか、戻せないかの違いです

 

eneloop [FRONTPAGE + EXPLORED #1]

充電ができない電池を「一次電池」、できる電池を「二次電池」と言います。この違いはどこにあるのでしょうか?

 

電池が電気を起こす際、電池の中のプラス極とマイナス極に使われる金属と電解液が化学変化を起こし、マイナス極からプラス極にイオンが移動します。これと同時に電子の移動も起こりますが、この電子の移動が「電流」と呼ばれているものです。

一次電池ではこの化学変化が終わると電気を起こせなくなりますが、二次電池は「充電」として電池に電気を流すことで、電池の中を化学変化が起きる前の状態に戻すことができます。電気を電池の中に詰め込んでいるわけではなかったんですね。

実は、一次電池も中で起きる化学変化を上手くコントロールすれば充電する事ができるのですが、このコントロールはとても難しく、時間もかかってしまうので現実的ではないというのが本当のところです。

Creative Commons License photo credit: realSMILEY

■関連リンク
マンガン電池やアルカリ電池は充電できる | スゴモリ
捨てない電池、エネループの仕組みってどうなってるの?なんで流行ってるの? | スゴモリ
どうして空は青く見えるの? | スゴモリ
うるう年って何のためにあるの? | スゴモリ
ステンレスがサビないのはどうして? | スゴモリ
海のサンゴは植物?動物? | スゴモリ
鉄分が足りないと貧血になるのはどうして? | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド