パーソンファインダーの被災者名簿を完成させるためにボランティアで文字おこしを行おう!

被災地で離れ離れになってしまった人達の為の安否情報サイト、パーソンファインダー。運営しているGoogleは散らばっている安否情報をひとつの場所に集積させ、確実に消息情報をつかめるサイトを作るため、ボランティアを募集している。

現在、パーソンファインダーには、すでに約290100件の記録が登録されているが、アップロードされた避難所の名簿画像のデータのうち4割程度しか登録が完了していない。この、残りの名簿画像から文字をおこして、パーソンファインダーに登録するボランティアスタッフを募集している

ボランティアに参加する手順はこちらに分かりやすく説明されているので誰でも参加できる。義援金を送り終え、何か他に自分に出来ることが無いかと考えている人は是非参加しよう。

ネット上の一人ひとりが力を合わせれば、大きな力になるはずだ。

UPDATE22:20 避難者名簿をテキスト化する際、日本特有の問題として略字、旧字、異字体などが発生する。その際の指針としてmakewisteriaさんが詳細なガイドを掲載している。困ったときに参照すると良いだろう。

漢字の読み方などがわからない場合は、実際に書いて文字に変換するウェブサービスがある。手書き漢字認識 – sljfaq.orgだ。

■関連リンク
Google Person Finder (消息情報): 2011 日本地震
避難所名簿共有サービスを開始-Google | スゴモリ
Google Japan Blog: 共有された被災者名簿のパーソンファインダー登録についてご協力のお願い
東日本巨大地震 – ボランティア

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド