ガンの副作用の痛みを減らす技術を開発-NASA

NASAの研究がガン患者の副作用による痛みを減らすことに貢献する技術を開発した。現在、その技術を用いたWARP 75は食品医薬品局によって承認審査中だ。

これは、High Emissivity Aluminiferous Luminescent Substrate(HEALS)と呼ばれており、波長の長い光を発するLEDを用いて、細胞を再活性化させて成長、回復する。多くの光子を発するが、熱は発しないという。

この技術はNASAがスペースシャトル内にて行われた植物の成長実験の為に開発されたもので、骨髄や幹細胞移植を行ったガン患者の化学療法や放射線治療によって生じる痛みを伴う副作用を減らす。

化学療法を受けているガン患者は化学療法から誘発される腔粘膜炎になるケースがあり、この粘膜炎は痛みが強い。そのため、患者は食事をするたびに苦痛を感じることがある。2年間の臨床試験において、この腔粘膜炎に対して96%の確率で効果を発揮したという。

NASAが宇宙開発の中で生み出した技術を世界中の患者に対して応用できるこうしたケースは研究の意義を再確認できる良いニュースだ。

(PhotoCredit: NASA/David Higginbotham via NASA light technology successfully reduces cancer patients painful side effects from radiation and chemotherapy)

■関連リンク
NASA light technology successfully reduces cancer patients painful side effects from radiation and chemotherapy
ビタミンDは癌のリスクを下げる-カリフォルニア大学ら | スゴモリ
20代でハゲる男性は将来前立腺がんになる危険性が2倍 | スゴモリ
ウイルスが、がんの正体を暴く(1) | スゴモリ
ガンが怖い病気だと感じる人は9割、一番の心配事は治療費 | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド