世界初マウスで毛の再生に成功-東京理科大

hairless rat (needs a name)

髪の毛に悩む人に良いニュースだ。10年以内に治療可能になる可能性をスゴモリでも報じたが、今回時事ドットコムが報じた東京理科大学の辻孝教授らの研究によれば、マウスを用いた実験で毛の再生に成功した。

マウスのヒゲの毛包(毛穴)にある幹細胞を採取し培養、増殖。その後、別の毛のないマウスに移植したところ、毛が再生した。また、再生した毛は自然に生える毛と同様の構造を持ち、生え変わりの周期も3ヶ月間21日周期生え変わりが続いたという。

この技術を応用すれば、髪の毛に悩む人の毛髪組織、幹細胞を増殖し、頭皮に移植することで再生が期待される。また、自然に生える毛と同様に生え変わることもできるので、長期間持続的に毛髪を維持できる。
Creative Commons License photo credit: donebythehandsofabrokenartist
■関連リンク
20代でハゲる男性は将来前立腺がんになる危険性が2倍 | スゴモリ
日本人のハゲ1260万人に贈る-ハゲは10年以内に治療可能になる-ペンシルバニア大学 | スゴモリ
新しいDNA解析によって髪色が明らかに | スゴモリ
日本人の3人に1人のAGA、男性型脱毛症のメカニズムを知って対策 | スゴモリ
2011年は昨年度比5倍の花粉量、花粉症にはバナナ3本が効く-東京理科大 | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド