神は細部に宿る、ペットボトルで顕微鏡

05_H0V5316

夏休みまでは少し時間があるが自由研究のような実験を。ペットボトルでできる顕微鏡である。レンズは簡単にできたが、ピント合わせがものすごく難しい。像が曲がりまくるのでピントが合っているのかどうかもわからないのだ。適当にあきらめて、次々にレンズを変えながらトライするのがいいみたいです。

助手くん、顕微鏡で見たいものって何かある?
「いやあ、ないです」
ないよなあ。何であんなに欲しかったんだ、顕微鏡。目的があっての手段だろう? 小学生の時は見たいものがあったのかな。覚えてないな。ミジンコ? 坂田明じゃあるまいし、1回見たら満足だ、そんなの。だいたいあいつら1ツ目だぞ。顕微鏡写真で出てるのって、あれはサイドビューな。横からはそこそこ可愛いが、正面から見ると1ツ目だから。唐傘小僧みたいで気味悪いぞ。

理科といえば学研だろうと、同社の自由研究をテーマにしたサイトを覗く。……寿司ネタを観察していた。マグロとかイカとかネタの断面を顕微鏡で観察。参ったな、見たいじゃないか! 見たい、すごく見たい。クルマエビと甘エビの尻尾を見比べたい。

やっぱり“科学と学習”は伊達じゃないよなあ、入社試験落ちたけど。洗足池から学研本社まで歩いたなあ、今は移転しちゃって空きビルだけど。
軽く落ち込んでしまった。ガラス棒とバーナーをメランコリックに持ち上げ、外へ。ペットボトルで顕微鏡を作るのだ。

簡単にできたレンズに油断した、
頭痛するほど難しいピント合わせ

バーナーでガラス棒を炙ってからみょーんと引っ張ると、細く細く延びた。ちぎれた部分をさらに炙るとちゅるちゅると丸まり、ポトリと落ちる。線香花火みたいだ。落ちたガラスは直径数ミリのガラス玉になってキレイに固まっている。これでレンズの出来上がりだ。とても簡単。次にペットボトルの蓋に穴を開け、ガラス玉をはめ込む。普通の顕微鏡の光学系は接眼レンズと対物レンズから成り立っているが、ペットボトル顕微鏡はレンズが1個だけの単レンズ顕微鏡である。ペットボトルの口にセロテープで対象物を貼り付け、レンズをつけたフタを締める。それからフタをゆるめていく。するとどこかでピントが合う、らしい。
顕微鏡観察の基本中の基本、たまねぎを観察することにした。……助手くん、どう、そっち? ダメ? ダメだよなあ、ピントがまったく合わないよ。ああ、目が渇く。仕方ない、ちゃんと説明を読むか、面倒臭いなあ……なに〜! 大変だ、たった1ミリだ! 助手くん、ピントが合うのは0〜1ミリの間らしいぞ? 回し過ぎているぞ、我々は! 回すか回さないかの微妙な回転を……。
「あ、フタがとれちゃいました」
それじゃダメダメだ!

製作:倍率200倍? 侮りがたいペットボトル顕微鏡

囲みイラストイメージ
単レンズのペットボトル顕微鏡は高倍率の虫メガネと考えればいい。レンズの倍率は焦点距離に反比例するため、焦点距離が短ければ短いほど倍率は上がる。焦点距離はレンズの半径に比例するため、レンズの半径が小さくなるほどレンズの倍率は上がるわけだ。直径2mmのガラス玉で約150〜200倍の倍率を得られる。

手順

01 通販で取り寄せたガラス棒をキャンプ用のバーナーで炙って引っ張る。
01 DSC_4984
02 みにょーんと伸びた先を炙るとガラスが玉になってポロポロ落ちるので、お盆でキャッチ
02 DSC_4996
・03 できたガラス玉レンズ。あんまり小さいと暗くて何も見えない。直径2〜3mmが妥当
03_H0V5328
・04 ペットボトルのフタにキリで穴を開け、レンズを押し込んでセロテープで留める。
04_H0V5358
・05 上から10センチほどで切ったペットボトルの口にセロテープで標本を貼り付け(ペットボトルの切れ端をスライドガラス代わりに使うと安定する)、フタを締める。手に持ち、光源に底を向けて、ピントが合うまでゆっくりフタを開ける
05_H0V5316

(サイエンスライター 川口友 万)TBS系『飛び出せ!科学くん』でも紹介、さらに詳しい実験の様子は『
あぶない科学実験』(彩図 社・税別1,200円)

■関連リンク
魚拓じゃなくて人拓をつくる、大人の日光写真あそび | スゴモリ
燃える電子レンジ!火の玉、誕生 | スゴモリ
ダイエットコーラで大噴火実験 | スゴモリ
ガラス玉顕微鏡 — デジタル理科室:富山県総合教育センタ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド