テレビの視聴時間と死亡率、1日に4時間以上テレビを見る人は必見-ロンドン大学

Swamp TV.

2010年1月、『テレビの視聴時間と死亡率』についてのロンドン大学の研究が大ニュースになったことは驚くべきことではない。

研究は、8800人に自分の健康状態、ライフスタイル、テレビを観ているときのふるまいを訪ね、それから6年間にわたり彼らを追い続けた。
その間、彼らのうち284人が亡くなったのだ。1日に4時間以上テレビの前で過ごした人々の間で、研究の期間内で亡くなる確率は、1日のテレビの前で過ごす時間が2時間未満の人々より46%高かった。特に、心臓発作などの心血管系のリスクについては125%高かった。

しかし、これは2つの変数が相前後して動いている(相互関係)ケースのひとつだ。必ずしも1つの変化は他の変化を引き起こす(因果関係)という意味ではない。

実際、研究者たちは初めはテレビ視聴に関して興味無かった。彼らは人々が座って過ごす時間を測りたくて、テレビを見ている時間を尋ねたのだ。(アイロンをかけるというような他の活動をしながら見たテレビの時間はしっかりと除外してある。)

『せいぜい、この研究は座りっきりのふるまいは、心臓病や、あらゆる原因による死亡の緩やかな上昇に関係していることを示しています。』
公共分野で統計学の使用を向上する運動を行っているStraight Statistics (straight statistics.org)のナイジェルフォークス氏は言う。『人々を死に至らしめるテレビに固有のものは何もありません。』

健康に問題を持つ人々は、おそらくテレビの前で長時間の間座るか、横になった状態になる。そしてこれらの問題もまた早死のリスクの上昇と関係しているかもしれない。原因と結果を割り当てる前に、行間を読むことが大事なのだ。

ブラッドフォード・ヒルは重要な問題を確認した。
・私たちにその事実を説明する他の方法はあるか。
・そしてそのような説明は、原因と結果の説明より可能性が高いか。
その答えはまったくの”ノー”であるべきだ。

Creative Commons License photo credit: James Good

■関連リンク
Spin doctors: TV kills – health – 18 February 2011 – New Scientist
環境にやさしいはずのLED電球が複数の発がん性物質を含む-カリフォルニア大学 | スゴモリ
女の子は親とテレビゲームをすると良い子になる-ブリガムヤング大学 | スゴモリ
メガネがいらない3DのDS、ニンテンドー「3DS」の仕組み | スゴモリ
世界初の裸眼3D対応液晶テレビ「グラスレス3Dレグザ」の仕組み | スゴモリ
今発売している主要電子書籍端末5コを一挙紹介、電子書籍端末の未来とは | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド