空気のない宇宙でロケットが飛べるのはどうして?

Q:空気のない宇宙でロケットが飛べるのはどうして?

A:燃料を爆発させた力でロケットを押して飛んでいます

More insider art

プロペラ機やジェット機は空気を前から後ろに押し出す力で前に進み、空を飛びます。では、空気のない宇宙でロケットが飛べるのはどうして?と疑問に思ったことはありませんか?

空気のない宇宙でロケットが飛ぶことができるのは、燃料をエンジンの中で爆発させて、その爆発の力でロケットを押しているからなのです。
エンジンの中で起きた爆発の力は前後左右あらゆる方向へ押す力を出しています。飛んでいるロケットの後ろからは炎が見えていますが、これは力を後ろに逃がしているようなもので、この時にロケットは前に押される力を受けます。ロケットの後ろにかかる力よりも前にかかる力の方がずっと大きくなるため、ロケットは前に進めるのです。

Creative Commons License photo credit: Project 404

■関連リンク
ダイエットコーラで大噴火実験 | スゴモリ
燃える電子レンジ!火の玉、誕生 | スゴモリ
NASAの次世代宇宙望遠鏡は変な形をしていた | スゴモリ
宇宙でもお餅が食べたい人の為に開発された宇宙食 | スゴモリ
自分だけの惑星をつくろう!NASAのExtreme Planet Makeover | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド