20代でハゲる男性は将来前立腺がんになる危険性が2倍

long way back

日本人男性の薄毛人口は1260万人とも言われるが、治療方法が近年進んできていることをスゴモリでも報じたが、最近のフランスでの研究で20代で薄毛になりはじめた男性はその後前立腺がんになる危険性が2倍あるという報告がされた。この研究結果は、Oxford Journals発行のAnnals of Oncology誌に掲載された。

この研究では388人の前立腺がん患者と281人の健康なボランティアを対象に行われ、その結果、被験者が20代に薄毛になりはじめた男性が2倍だったという。30~40代になってからハゲた人は通常の人と比べてがん発症の危険性に違いはなかった。

ハゲ発症はDHT(ジヒドロテストロン)と呼ばれる男性ホルモンの一種に起因すると言われ、ハゲになる人の95%以上の原因がこの物質によるものだとも言われている。DHTはテストステロンが5α‒還元酵素Ⅱ型によって変換されたもので、前立腺肥大などに関連するとも言われていた。

今回の研究でも、このDHTがガンの発達とも関連していると関連付けており、今まで言われていた症状を裏付ける結果となった。パリ・デカルト大学のPhilippe Giraud教授は「20代にハゲ始めるということは、簡単に特定可能な危険因子の1つであるかもしれません」と語る。

若い世代で髪の毛に悩みを抱える人は、髪の毛のみならず前立腺がんについても考えなければいけないかもしれない。

Creative Commons License photo credit: this lucid moment
■関連リンク
日本人のハゲ1260万人に贈る-ハゲは10年以内に治療可能になる-ペンシルバニア大学 | スゴモリ
日本人の3人に1人のAGA、男性型脱毛症のメカニズムを知って対策 | スゴモリ
新しいDNA解析によって髪色が明らかに | スゴモリ
男らしさの代償 | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド