泥棒の顔の色までくっきり?暗闇でもカラー写真撮影が可能に-産総研

fig1_1fig1_2

泥棒を防犯カメラが捉えた!という映像はTVでおなじみだが、どれも暗闇の場合は赤外線を照射して撮影したモノクロ/モノカラーもしくは擬似カラー映像であった。擬似カラーは色の視認性の違いを代替食を割り当てたもので、実際の色とは大きく異なる場合が多い。

こうした現状が大きく変わりうる技術を産総研が開発した。独自に開発した高感度赤外線撮像技術と高速画像処理技術を用いて暗闇でも実際の色に近いカラー映像を撮影する技術だ。今後は視認性の高い、セキュリティカメラとして安全な社会実現に貢献したいという。記事トップの画像が実際の画像。左は従来のモノクロ撮影で、右は今回の技術を用いて撮影したモノ。

以下の画像は左が実際の色、右は暗闇下で認識出来る色。若干違いはあるものの高い再現性だ。
fig2_2

今後、この技術は産総研技術移転ベンチャーである株式会社ナノルクス研究所に移転され、高性能化、抗体休暇、小型化して一般製品として市販できるレベルまで開発、応用開発を行いたいとのことだ。

近い将来、暗闇でもフラッシュ無しでくっきり撮影できるデジカメも搭乗するかもしれない

■関連リンク
2011年最も巧妙で気味の悪いスパイカメラ10選 | スゴモリ
話題沸騰のKinectの仕組み、世界の研究者が熱狂したワケ、驚きの公開動画を一挙紹介! | スゴモリ
TIME誌が選ぶ、2010年の革新的な発明ベスト5-テクノロジー部門 | スゴモリ
産総研:暗視カラー撮像技術を開発

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド