映画を見て禁煙失敗?映画の喫煙シーンが喫煙の衝動につながる結果-ダートマス大学

Tabako

1月19日発行のNeuroscience誌によると、映画の中でタバコを吸うシーンを見た喫煙者の脳は活性化され、タバコをつける動作を真似する事が多いという。

常習的にタバコを吸う人は、同じ手の動作を1日に何度も繰り返すことが知られているが、この研究はこの動作を制御している部分がタバコの煙を見る事で活性化するかどうかを調べた。

実験は17人の喫煙者と17人の非喫煙者に喫煙シーンを含む映像を30分見せ、脳の反応を見るというもので、実験に参加した人には喫煙に関する実験という事を伏せて実験した。

すると喫煙シーンになった時、喫煙者の脳は頭頂間溝と頭頂葉に活性を示し、手は喫煙するときの動作を真似た事がわかった。頭頂間溝は頭頂葉にある溝のことで、知覚の調整に関係している。

「タバコをやめようとしている喫煙者はしばしば他の喫煙者を避けたり身の回りのタバコを消すようにアドバイスを受けますが、喫煙シーンのある映画を避けることは考えてないかもしれません」とダートマス大学の院生で、この研究を率いているワグナー氏は言う。

これからは映画を見る時も注意が必要かもしれない。

Creative Commons License photo credit: Ace Reston
■関連リンク
喫煙は数分で遺伝子レベルのダメージを与える | スゴモリ
人を暴力的にする合法的だが危険な薬物トップ5 | スゴモリ
Watching others smoke makes smokers plan to light up

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド