プロ棋士の直観力、アマ棋士との脳の働きの違い解明-理化学研究所

shogi

将棋を指したことがある人とそうでない人の一番の違いは、直感力である。

ある局面においてどのような次の1手が良いのか、その可能性が高いのはどれかというコトを一瞬で感じる能力である。第六感とも呼ばれるこの直感力は、長い研究や経験、訓練によって養われる。

そのプロ棋士の直感的思考回路の存在を日本将棋連盟や理化学研究所などがfMRIを用いることで実験的に示すことに初めて成功した。この研究結果は「Science」誌に掲載される。

実験では、羽生名人などを含むプロ11人と、アマチュア17人に「序盤」「終盤」などの局面の異なる盤面を見せ、脳の活動をfMRI(機能的磁気共鳴画像化装置)を用いて計測した。

その結果、視覚情報に関連する後頭部に近い大脳皮質の「楔前部(けつぜんぶ)」と呼ばれる部分がアマチュアに比べプロは3倍よく働いていた。この結果は盤面の視覚情報に対して直感的に判断した結果を反映したためであると考えられるという。置かれた駒に意味のない盤面の場合にどちらも反応しなかった。

また、プロは局面を見たその後2秒以内に4択から最善手を選ぶ時に、習慣的な運動に関連するオタマジャクシの形をした大脳基底核の「尾状核(びじょうかく)」が活発に動いていることもわかった。

この2つの結果かからプロは盤面情報を資格情報として楔前部で認識し、次の瞬間に尾状核で処理され最善手を導き出すようだ。この連携を強化する訓練をした成果としてプロの直感が養われた可能性があるという。これまでは関係ないと考えられてきた両者が連動していることがわかった点もお大きい。

研究グループは「プロ棋士は何年もの間、毎日3〜4時間の集中した練習を行います。この集中した長時間の練習を通して、初めは大脳皮質内の神経回路だけで行われていた将棋の思考過程が、大脳皮質の楔前部と大脳基底核にある尾状核を直接結ぶ神経回路に埋め込まれていくのではないか」と予想している。

チェスにおいては、プロの最善手は長考によって導きだされるのではなく、直感的に長考前に導きだされていることが知られていたが、今回の将棋での実験もこれを後押しした。

近年ではコンピューター将棋が進歩しプロとの対戦結果が話題になるが、この研究結果が人工知能の形成、コンピューター将棋に何らかの影響を及ぼしそうだ。

Creative Commons License photo credit: yoppy
■関連リンク
なぜ我々は間違った意思決定をしてしまうのか | スゴモリ
賢い人ほど長生きする-ミツバチを用いた研究によってフォローされる | スゴモリ
プロ棋士の直観は、尾状核を通る神経回路に導かれる|2011年 プレスリリース|理化学研究所

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド