騒音の激しい道の近くに住んでいると脳卒中で死亡するリスク上昇

Jamming 1
Creative Commons License photo credit: marcovdz

うるさい道路の近くに住んでいる人は引越しを検討するか、音を遮断できる高性能な耳栓を買おう。そうしないと倒れるかもしれない。欧州心臓病学会機関誌の調査によれば、中高年の人々にとって交通騒音が激しい場合、脳卒中のリスクを上昇させる可能性があるという。

調査では関連を発見するために10デジベルごとに雑音が大きくなると、脳卒中のリスクが14%増加する。さらに65歳以上の人の場合は、リスクが27%増加するという。

60デジベルを超えると、さらにリスクは高くなると欧州心臓病学会機関誌は言う。デンマークの研究では、50歳から64歳の5万1485人に対して1993年からの10年間、ボランティアで調査を行った。

そのうち1881人が脳卒中で倒れた。この人たち40〜82デジベルの雑音にさらされていた。

Mette Sorensen医師は脳卒中は睡眠を妨げている雑音に起因しており、これがストレスホルモンと血圧を上げた結果であると語っている。

老後は静かな田舎へ隠居という発想は健康にも良い効果をもたらしそうだ。

■関連リンク
2040年の都心部で起きる未来予測シナリオ4つ | スゴモリ
テトリスに熱中する人は心的外傷ストレスを受けない可能性 | スゴモリ
カーナビが現在位置を正確に測定する仕組みとは | スゴモリ
賢い人ほど長生きする-ミツバチを用いた研究によってフォローされる | スゴモリ
Traffic noise can raise risk of stroke | Mail Online

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド