2040年の都心部で起きる未来予測シナリオ4つ

2040年までに人口の3分の2が都市部周辺に住むことになる。すでに今の朝の通勤ラッシュにイラついてる人たちはもっとひどくなることを覚悟しなければいけない。エネルギー、食品、スペースの問題が顕在化することになりそうだ。

果たしてどんな未来はくるのだろうか。「Forum for the Futer」という未来の暮らしを考えるグループは4つのコンセプトビデオを作った。見てみよう。


町のスプロール現象

最初にして最悪のシナリオは、「町のスプロール現象」だ。このケースでは、大部分の人が化石燃料で動く車を利用し、交通渋滞が深刻化している。道の増設は問題を根本的には意味で解決しない。
※スプロール現象:日本でいう多摩ニュータウン。年の無秩序拡大によっと引き起こされる現象。


Planned-opolis

第2のシナリオは「計画されたつくされた町」だ。この世界では、すべてが計画されてあなたに届けられる。例えば仕事や、車などが。車はスケジュール通りに動き、必要におおじて利用することになる。そのため、個人が自分の車を所有する事は高価なため難しくなる。都心部の多くは電気自転車が取ってかわる。


Renew-abad

第3のシナリオは「Renew-abad」。これは少し楽観的だ。多くの人が働き、休暇をとることができる。バーチャルリアリティとテレビ電話を用いてることで移動する必要性をなくしていく。燃料や食べ物は自分で作り近所とシェアする。サービスは製品に置き換わる。従来の車はもうそこにはなく、環境にやさしい大型輸送ができる乗り物(リニアモーターカーのようなもの)が個人の電気自動車と共存する。


Communi-city

第4最後のシナリオは「Communi-city」。強調すべきことは都市よりも個々の近所のコミュニティにある。遠くへ良く必要がなくなるので交通量は減る。ただしこの世界では新しいエネルギーを手にしたことで、公共の乗り物は時代遅れになり様々な個人化された運送手段が出現。道路のスペースを取り合うようになる。

30年後の未来はどのようになるのか、この4つのシナリオのどれが現実的だろうか。良い未来の為に何が出来るのか。これからは個人の考え方も重要になるはずだ。

■関連リンク
Homepage | Forum For The Future
Four visions of city life in 2040 | DVICE
スプロール現象 – Wikipedia

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド